Heraeus Noblelight社 社長

ヴォルフガング・シュタング

Wolfgang Stang
Heraeus Noblelight社 社長 ヴォルフガング・シュタング

ヴォルフガング・シュタングは、エンジニアリングと経営学で学位を取得した後、Leybold AGでプロジェクトエンジニアとしてキャリアをスタートしました。主に生産と製品開発に取組んだ後、ビジネスユニット プロダクトマネジメントとセールスに異動し、アジア市場の拡大を任命されました。1992年、シュタングは、データストレージ部門の管理および世界各国の製品とセールスに関する責務を引き継ぎました。この際、アジア市場の開拓と米国カリフォルニア州サンノゼの米国営業部門の統括に従事しました。

1996年、シュタングはBalzer Process Systems of Liechtenstein社に加わり、磁気データストレージ事業部のジェネラルマネージャーを務めました。

2000年8月、ヘレウス・クォーツグラス社の製造事業部ジェネラルマネージャーとしてヘレウスに加わりました。2004年、グローバルマーケティング&セールス部門のヴァイスプレジデントを務めました。

2007年、ヘレウス・クォーツグラス社の取締役に就任しました。2014年9月には、ヘレウス・ノーブルライト社のCEOに就任しました。

シュタングは1957年に生まれ、既婚、娘が2人います。

to top