社長 Heraeus Quarzglas

Heinz Fabian

Heinz Fabian
Heinz Fabian, 社長 Heraeus Quarzglas

Heinz Fabian 1961年、ドイツのハーレン生まれ。ミュンスター大学とカリフォルニア大学アーバイン校で物理学を学ぶ。1988年、ハーナウのHeraeus Quarzglas GmbH & Co. KGでキャリアをスタートさせる。光ファイバー用石英ガラス事業部の研究開発プロジェクトマネージャーとして、合成石英ガラスの光学特性の最適化に取り組み、のちに製品開発および技術カスタマーサポート部門の責任者となる。

1996年、最高責任者として半導体事業部に加わり、シンガポールで独日の合弁企業を設立。ドイツ帰国後、化学工業事業部の事業部長に任命され、ビッターフェルトの新しい製造施設建設の任務を引き継ぐ。

1999年、光ファイバー用石英ガラス事業部の開発部門ディレクターに任命される。2年後、Heraeus Tenevoの最高技術責任者に就任し、製品・プロセス開発を担当。2005年1月、Heraeus Tenevoの社長に任命され、2007年初頭にHeraeus TenevoとHeraeus Quarzglas GmbH & Co. KGの再合併が行なわれるまで社長を務める。

既婚。子どもは2人。

to top