Heraeus Conamic社 社長

Christoph Fark

Christoph Fark
Picture by SCHOTT AG
Heraeus Conamic社 社長 ハインツ・ファビアン

クリストフ・ファークは1970年にドイツ・テルクテで生まれました。機械工学、インダストリアル・エンジニアリング、経営の学位を有しています。

ファークは1997年にKERMI GmbH社に入社したのち、2003年にSCHOTT社にマーケティング責任者として入社しました。その後は太陽熱発電事業のマーケティング兼営業責任者を歴任し、太陽熱温水器の世界的な立ち上げに従事しました。2007年にSCHOTT Solar社で、パラボラトラフ型発電所の主要構成部品のマーケティング兼営業担当ヴァイスプレジデントに就任し、スペイン、米国、中東の市場を立ち上げました。

2008年には、SCHOTT Solar CSP GmbH社のゼネラルマネージャを引き継ぎました。2010年夏からは、SCHOTT AG社の独立した事業セグメントとしてこの事業に従事しました。

2010年には、同社の企業戦略・企画担当ヴァイスプレジデントに任命されました。グループの事業ポートフォリオを管理し、戦略プロジェクトおよび課題について役員会およびビジネスユニットを支援しました。

2014年~2019年は、同社のビジネスユニット アドバンスドオプティクスの責任者を務め、このビジネスユニットの再構築および戦略の変更、さらには新規ビジネス(拡張現実など)の確立を手掛けました。

クリストフ・ファークは既婚者で2人の子どもがいます。

to top