新しい抗菌テクノロジー「AGXX」で、もっと清潔な毎日を

人がいるところには、ウイルスや細菌もまた存在します。宇宙空間でさえも、例外ではありません。しかし、これらウイルスや細菌が、ISS国際宇宙ステーションのトイレのドアはもとより、地球上の多くの物質上で生きられなくなる時代が到来しました。抗菌テクノロジーのおかげです。

ISSで用いられた抗菌技術AGXX

地球のみならず、ISS国際宇宙ステーションにおいても、抗菌は欠かせません。いったん宇宙飛行士によりステーション内に持ち込まれてしまえば、宇宙空間は、ウイルスや細菌にとっては地上より好条件な場所なのです。変異が容易になり、そのため耐性も得てしまいます。しかも、従来の殺菌剤は、爆発の危険や限られた医療の観点から、ISSでは使用できない場合があるのです。ISSでウイルスや細菌がどのように増殖するかを調べるため、トイレのドア表面の複数のコーティング剤(新しい触媒AGXXを含む)について数々の実験が行われました。その結果、6か月後において、他の未処理のスチール材、銀めっき処理されたスチール材の2つ表面とは異なり、AGXXでコーティングされたトイレのドア表面には、ウイルスや細菌が一切生存していませんでした。AGXXは、表面にウイルスや細菌が付着し汚染することを防ぐのです。すなわち、この抗菌用コーティング剤は、菌の増殖を防ぐ頼もしい武器となることが分かりました。

AGXXのISSでのテスト成功についての詳細は、 こちらの研究論文 をご覧ください。

私たちの貢献:触媒担持抗菌用コーティング剤

従来の抗菌物質には弱点がないわけではありません。その効果は多くの場合、金属イオンや医薬品の放出に基づいており、時間の経過とともにその効果が失われていきます。その結果、多くの作業量と高いメンテナンスコストが発生します。しかし、AGXXの技術は違います。私たちは、ベルリンのベンチャー企業であるLargentec社から、触媒を利用した抗菌保護シールドであるAGXX粒子の独占開発製造販売権を取得しました。

本製品は、触媒の酸化還元反応とマイクロ電界効果に基づいた非常に効率の高い抗菌用コーティング剤です。空気中に湿度があると、酸素は活性酸素種(ROS)に変換され、有害な細菌、ウイルス、真菌と反応して増殖を防ぎます。このようにして、本製品を含む、または本製品でコーティングされた材料は、効果的にバイオフィルム(生物膜)の形成を防ぎ、抗菌性能を発揮します。加えて、AGXXは医薬品を含まず、金属イオンを環境中に放出することもありません。これにより、抗菌効果がより長く持続します。ISSでの使用に加えて、他にも、医療機器、塗料、ニス、フェイスマスク、繊維製品、空調システム、あるいは公共交通機関の表面やハンドルなど、様々な用途が考えられます。