未来のコンセプト、
水素エネルギー社会

水素は、石炭、ガス、石油からの脱却を可能にします。再生可能エネルギーからつくられ、CO2を排出しないグリーン水素は、人類が必要とするエネルギー、暖房、経済、輸送システムを化石燃料から卒業させる再生可能エネルギーキャリアとしての可能性を秘めています。

水素エネルギー社会の鍵を握る材料とは

ドイツおよびヨーロッパにおいて水素エネルギー社会を確立するための鍵は、いかに材料を効率的に利用するかです。特に、PEMと呼ばれるプロトン交換膜技術で使用される貴金属においては、その効率的な利用が欠かせません。必要な貴金属のひとつがイリジウムであり、これは希少にもかかわらず、欠かすことのできない材料です。水素生産量の増加を成功させるには、イリジウムや白金などの原材料物質の要求事項を考慮に入れねばなりません。ヘレウスのグローバルビジネスユニット、ヘレウス・プレシャスメタルズは、電解触媒と、リサイクルを含むその関連サービスを提供しています。その一貫として、より少量の貴金属で水素を生産し、かつ回収によりプロセスを持続的に維持することを可能にしています。ヘレウス・プレシャスメタルズは、PEM電解を用いた水電解水素製造を促進する製品を提供することで、コスト削減や貴金属使用量の低減を達成し、グリーン水素分野での競争力向上に貢献します。

図は、ヘレウスが水素エネルギー社会のプロセスチェーンを支える数々の方法について解説したものです。(1)電気分解による製造、(2)輸送と貯蔵、(3)代替燃料製造を含む工業分野での応用、(4)燃料電池のエネルギー源としての輸送関連での利用、(5)貴金属リサイクル

ヘレウスが水素エネルギー社会を支える数々の方法