材料開発の成功の鍵は、最適なイネイブラー

革命的な製品は、同じく革命的な材料イノベーションから生まれるものです。欧州委員会は、そのような材料の市場価値は2030年までに約2,300億ドルに増加し、さらにそれに応じて様々な価値創造の可能性が生まれると予測しています。しかしこれが実現するには、材料分野のスタートアップ企業が群を抜いて革新的である、というだけでは十分ではありません。また、顧客企業にとって材料は、コスト要因としても重要性が高まりつつあります。そのため、製品を取り巻く成功要因、すなわちイネイブラーを深く理解することが不可欠です。テクノロジーグループであるヘレウスは、これらの様々なイネイブラーを特定し、スタートアップへの導入を成功させる幅広い経験を有しています。

材料スタートアップ企業のパートナー、アクセラレーター、投資家として、ヘレウスが最適化する生産関連のイネイブラーには、例えば、適切な加工技術、設備、プロセスパラメーターなどが挙げられます。顧客企業は、特にコストや他社との競争力を念頭に、原材料と材料の効率を改善し、高性能の代替材料やリサイクルプロセスを利用したいと考えています。一方で、スタートアップ企業は、顧客中心主義、顧客との早期の対話、顧客のバリューチェーンや意思決定プロセスの理解など、生産面以外の成功要因を達成する必要があります。ヘレウスと協働する材料スタートアップ企業は、どのイネイブラーにおいても、医療、エレクトロニクス、半導体、自動車産業、航空宇宙技術など、世界で最も要求の厳しい市場でヘレウスのテクノロジーグループが培ってきた経験の恩恵を受けることができます。

さらにヘレウスには、材料スタートアップ企業そのものを扱ってきた長年にわたる経験があります。2015年以来、ヘレウスは企業インキュベーター事業でスタートアップ企業7社を開発し、他の事業にも参加し、また世界でも数少ない材料アクセラレータープログラムを立ち上げています。

ヘレウスと協働する材料スタートアップ企業の成功要因

Ilka Luck

「材料とは、目的のための手段に他なりません。ですから、材料・加工分野のスタートアップ企業にとっては、可能な限り早期かつ集中的に潜在顧客と接触することが成功の鍵です」と述べるのは、ヘレウスのエアロゾルデポジション部門責任者である、イルカ・ラック。「顧客のニーズをしっかりと予測し、新たな要求事項をいち早く考慮するためには、これが唯一の手段です」

Hans Jürgen Wachter

続けて、ヘレウスの社内スタートアップ、ヘレウス・アムロイの社長であるユルゲン・ヴァクター は、「適切なパートナーも重要です。社内スタートアップである私たちは、ヘレウスグループからの支援を受けることができます。とはいえ、機械メーカー、研究機関、発信者との戦略的協働が非常に重要です。独立したスタートアップ企業は、早い段階からこのことを念頭におくべきでしょう」と述べています。

Franz Vollmann

「材料スタートアップ企業は、その多くが大学から生まれています」ヘレウスの社内スタートアップ企業、ヘレウス・プリンテッドエレクトロニクス代表のフランツ・ヴォルマンは、こう説明します。「大学という環境から生まれた起業家は、技術的なソリューションのみに大きな焦点を置くことが多いのですが、スタートアップの起業を成功させるには、早い段階でビジネス面に焦点を置くことが必要です。起業家がアイデアから収益性を生み出すには、これ以外に方法はありません」