ともにがんと立ち向かう

新たな治療法の台頭

プラチナ含有のがん治療用高活性医薬品有効成分

国際がん研究機関によると、2020年だけでも世界で約1,900万人ががんを発症しています。現在の予測では、この数字は今後も増え続けるとされています。ヘレウス・プレシャスメタルズは、ドイツ・フランクフルト近郊のハーナウで約40年にわたり、プラチナ含有のがん治療用高活性医薬品有効成分を製造しています。

がんの治療には、手術、放射線治療、化学療法という古典的な方法が非常に有効ですが、できることには依然として限界があります。例えば、手術や放射線療法は局所的効果しかなく、化学療法はがん細胞だけでなく健康な組織も攻撃してしまいます。

そのため、医学的ながん研究では、がん細胞の特定の分子特性を狙い撃ちして作用する治療法の開発に注目が集まっています。このような治療法は「分子標的療法」と呼ばれています。ここで使われる薬剤は、特定の性質に基づいてがん細胞と健康な細胞を区別します。健康な細胞を残すことで副作用を軽減し、その結果、治療薬の耐性も向上します。

私たちの貢献:がん治療用の既存および新しい強力な高活性医薬品有効成分

ヘレウスは、プラチナ系高活性医薬品成分(以下、hAPI)の世界初のサプライヤーです。これらの成分は、特に肺がん、結腸がん、卵巣がん、精巣がんなどの併用療法に使用されています。がん細胞の分裂を阻害することで、がんの広がりを抑えることができます。

ヘレウスのポートフォリオには様々な高活性有機素材が含まれています。また、ヘレウスは過去10年間、CDMO(医薬品製造開発受託)として有望な新規分子の独占的な開発・製造受託も行っています。ヘレウスでその新規事業を担当する Felix Held 博士は、「私たちは、世界の製薬業界の顧客と協力して、がんと戦うための新しい分子、例えば、抗体薬物複合体(ADC)用の新しい低分子医薬を開発しています」と語っています。

ヘレウス・プレシャスメタルズの取締役副社長兼医薬品原料部長であるマーカス・ハナカム博士は、「分子が開発されてから承認され、利用可能になるまでには10年以上かかることが多いので、この活動は将来への投資です」と述べています。高活性医薬品有効成分 の開発と生産は、最高純度が要求されるため、非常に厳しいものです。

持続的で妥協のない最高品質とヘレウスの総合的なサービス、そして長年の専門知識は、がん患者に貢献する有効成分の成功に欠かせない要素となっています。

ヘレウスの高活性医薬品有効成分のマーケティング&セールス責任者であるガビ・オーレンドルフ博士は、「昨年の生産ライン増設の成功により、世界的に高まるプラチナ含有医薬品有効成分の需要に十分に対応できるようになりました」と述べています。