特殊ガラスで、持続する未来を

ガラスははるか昔から私たちと共にありました。人類は、9000年以上にわたり、砂を燃やし、透明で柔軟性のあるこの素材へと変えてきました。しかし、ガラスが生活のあらゆる場面に広がるようになったのは、素材産業が急速に発展したここ100年にすぎません。石英ガラスとして、通信、医療、IT、環境、宇宙などの、幅広い産業や研究分野で極めて優れた応用ができるようになったのです。このように、ガラスは多くのハイテク分野で応用の道を拓いてきました。金属ガラスとも呼ばれるアモルファス金属もまた、高い汎用性があります。ここでも、ヘレウスは他の産業に向けたガラス生産のための特殊なプロセスや素材にまで応用できる製品やソリューションを開発しています。そのすべてを、簡単にご紹介します。

石英ガラス ― 地球から星まで

石英ガラス

石英ガラスには、高い化学純度、耐熱性、紫外線から赤外線までの光透過性という顕著な特徴があります。この素材を取り扱っているのが、ヘレウスの2つのビジネスユニット、ヘレウス・コナミックとヘレウス・コンヴァンスです。天然の石英ガラスが現在でも単に砂を溶かして造られるのに対し、石英ガラスはガス状の中間生成物を燃焼させ、凝縮物を分離することで造られます。これにより、極めて高い純度が可能になるのです。

ヘレウス・コンヴァンスは高速インターネットのスペシャリストです。その  石英ガラスシリンダー は、世界のデータネットワークの光ファイバー拡張の礎となっています。石英ガラスはまた、低侵襲レーザー手術の分野では、小さな切開創、短い手術時間、迅速な回復という利点をもたらしています。ヘレウス・コナミックは、レーザー光を人体の適切な場所へ導く  石英ガラスファイバー を提供しています。また、今日その重要性が高まっているマイクロチップの半導体の機能を正常に保つ一助を担っています。石英ガラス製  プロセスチューブ は、半導体に欠かせないコーティング工程を最適に保つために不可欠です。

他にも、コロナパンデミック以降に限らず、重要な分野として水や空気のUV除菌が挙げられます。ヘレウス・コナミックの  高純度ランプ管 用石英ガラスが、ヘレウスのグローバルビジネスユニット、ヘレウス・ノーブルライトの効果的な感染対策であるUVソリューションを可能にしました。

 宇宙開発 用の石英ガラスは、高高度用製品です。例えば1969年のアポロ11号のミッションにおいては、100の石英ガラスプリズムを備えたレーザー反射板が月に設置されました。今日も、地球と月の距離を正確に測定することに貢献しています。

低温の利点を生かした金属ガラス

アモルファス合金

瞬間冷凍は驚くべき効果を発揮します。  金属の融解物 はアモルファス金属、アモルファス合金としても知られる金属ガラスを生み出します。この効果によって、通常は相いれない、高強度と高弾性を併せ持つ材料特性が得られます。このガラスは、医療技術、自動車、ロボティクス、センサー技術、航空宇宙など多くの産業で必要とされる材料です。

石英ガラスで、より美しく安全に

UV硬化によるガラスコーティング

ヘレウス・ノーブルライトのUVランプ/システムや赤外線ヒーターと、ヘレウス・コナミックの石英ガラス部品は、多くの産業においてガラス加工に使用されています。例えば香水瓶は、UVや赤外線の光技術を用いて  装飾やコーティング を施すことで、魅力的な外観に変貌します。自動車においては、赤外線ヒーターは窓のシール剤を確実に接着し、その製造サイクルに完璧に適合することができます。さらに数年前からは、  赤外線 は医療技術にもその道を拓いています。クリーンルームや真空状態でも使用できるというのは非常に大きな利点です。無菌で壊れないワクチン用のガラス製アンプルがその一例です。

ガラス製造分野で輝く、貴金属

ガラス製造技術

現代のガラスがなかったとしたら、私たちの日常はどうなっていたでしょうか。想像もつきません。スマートフォンのディスプレイのカバーガラス、カメラのレンズ、ワクチンの包装など、ガラスは私たちの生活に密着し、生活を豊かにしてくれています。高品質の技術用・医療用ガラスの製造には、  プラチナ やロジウムなどの貴金属が必要です。これらの貴金属やその合金は革新的で最先端のガラス製造に使用されており、その特性を生かし、折り畳み式ディスプレイの最高の柔軟性やガラスアンプルの耐破損性を実現しています。耐久性と高融点に優れた貴金属なくしては、このような最先端のガラスを加工・製造することはできません。ヘレウスのグローバルビジネスユニット、ヘレウス・プレシャスメタルズは、ガラス製造に関連するすべての貴金属について、適切な製品とサービスとを提供しています。