狙った箇所に的確に
加熱する赤外線

塗料の乾燥、粉体塗装の硬化、プラスチックの溶着など、加熱を必要とする工業プロセスは、枚挙に暇がありません。そのため、「ボタンを押すだけでエネルギーが適切なタイミングで適切な場所に届くこと」が重要です。これをまさしく可能にするのが、赤外線加熱です。赤外線による加熱は、高度に専門化されたプロセスに完璧に適応し、数秒間での非接触加熱が可能です。

赤外線は、輻射加熱です。加熱対象物に照射された光エネルギーは、販社、吸収、透過に分かれ、吸収された赤外線の光エネルギーは原紙と分子を振動させて摩擦熱が発生します。これが赤外線加熱の原理です。赤外線の光が最も効率よく吸収される範囲は、吸収スペクトルと呼ばれます。吸収スペクトルは材料によって異なります。

私たちの貢献:赤外線加熱のカスタマイズソリューション

赤外線による金属部品のコーティング

ヘレウス・ノーブルライトは、材料と製品に合わせて的確に調整された赤外線の光プロセスソリューションを開発しています。赤外線ヒーターの発光スペクトルと吸収スペクトルが一致するほど、材料はより速くより効率的に加熱されます。ヘレウス・ノーブルライトの代表取締役社長ローランド・エックルは、「技術を駆使した光により、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。熱源としての赤外線システムの魅力は、急速加熱と省スペース性にあります」とコメントしています。さらに、ガス発電の工場からグリーン電力で稼働する赤外線加熱への転換は、CO2排出の大幅な削減に大きく寄与します。

赤外線加熱は汎用性が非常に高く、塗装、溶着、乾燥、硬化など、様々な工程で活用できます。エネルギーを大量消費する金属加工業界では、様々な加熱工程を必要とします。この場合を例にとると、赤外線は塗膜と表面を加熱することができます。塗膜は乾燥し、金属部品の内部は比較的低温に保たれます。これにより、乾燥工程が加速し、エネルギー効率が向上します。

この技術は、大型金属部品の硬化において特に大きなメリットがあります。金属部品全体を加熱する対流型炉とは異なり、赤外線加熱は基材の表面だけを加熱します。これにより、エネルギー消費を大幅に削減できます。

70%以上のエネルギー削減率を実現

自動車部品の製造に用いられる赤外線

赤外線加熱は、専門性の非常に高い工程にも完璧に適合します。必要な箇所だけを加熱することは、プラスチック加工においても有効です。プラスチックは、加熱によって成形、溶着、バリ取りを行います。従来の手法によるプラスチック加工は、非常に多くのエネルギーを消費します。一方、赤外線加熱はエネルギー効率を大幅に向上させることができます。例えば自動車産業では、車体製造に多くのプラスチック部品が使用されているため、赤外線加熱プロセスが有効です。ダッシュボード、シートパネル、ドアハンドルなどの製造において、赤外線は必要な箇所にのみ非接触で製品を加熱します。

最新の赤外線ユニットは、予熱やスタンバイの必要がなく、数秒間で運転を開始できます。エッケルは、「ガス熱風などの従来のシステムを赤外線加熱技術に切り替えることで、エネルギーを70%以上節約できます。赤外線技術は、このように製造業におけるサステナビリティに大きく貢献しています」とコメントしています。