新型コロナウィルス感染予防対策ガイドラインの適用期間延長について

2021年2月22日

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大防止に係る政府見解を踏まえ、お客様と従業員の安全確保のため、在宅勤務及び時差出勤を推奨し、在宅勤務が困難な業務については、感染症対策に充分配慮した勤務を励行しております。

また、昨年より新型コロナウィルス感染予防対策ガイドラインを適用し、その期間を2021年3月末までとしておりましたが、この度2022年3月31日まで延長することになりましたので、お知らせいたします。

なお、引き続き感染リスクを低減するために、期間中は下記の通りとさせて頂きます。

1. 納品及びサービスなどの役務提供につきましては、従業員の安全確保に配慮しつつ、可能な範囲で継続させていただきます。但し、原則、全従業員を在宅勤務と致しますので、お客様からのご要望やお問い合わせ内容によりましては、関係者との協議のうえ個別対応を検討いたします。業務継続が可能な地域におきましては、感染防止策を講じたうえ可能な限り対応してまいります。

2. ドイツ本社工場および他の海外の製造拠点が操業を減速、あるいは一定期間休止した場合、停止させていただきました案件につきましては、別途お打合せのうえ再度納期を確定させていただきたく存じます。

3. 実施期間:2020年6月1日~2022年3月31日

なお、情勢の変化に伴い、対応内容を変更いたします事をご了承ください。

弊社は、今後も当社従業員ならびに関係の皆様の安全確保を最優先し、可及的速やかに必要な対応を検討、実施してまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上