ヘレウス・アムロイがドイツ・イノベーション・アワードを受賞

2020/5/26
ドイツ・ハーナウ
ドイツデザイン評議会から、ヘレウス・アムロイのアモルファス合金が、"Excellence in Business to Business" コンペティションクラスの "Materials & Surfaces" 部門で金賞を受賞しました。

ドイツ・イノベーション・アワード2020

ドイツデザイン評議会より、ヘレウス・アムロイがドイツ・イノベーション・アワードを受賞しました。アモルファス合金の生産と加工のスペシャリストであるヘレウス・アムロイは、「Excellence in Business to Business」部門の「Materials & Surfaces」部門で金賞を受賞しました。審査員は、ヘレウス・アムロイのアモルファス合金を革新的な材料と評価しました。そのユニークな特性の組み合わせは、航空、自動車、医療など幅広い産業に革新的な可能性をもたらし、全く新しい市場を創り出すものです*。

アモルファス合金はバルク金属ガラスやアモルファス金属とも呼ばれ、金属融液が凍結したものです。融液が衝撃的に凍結するため、個々の原子は規則正しい金属格子を形成する機会がなく、その結果、非常に柔軟性と安定性に富み、高い耐腐食性、耐摩耗性、生体適合性などが特長です。ヘレウス・アムロイの責任者であるユルゲン・ヴァクターは、「アモルファス合金の特殊な特性は、様々な産業においてイノベーションをもたらす大きな可能性を秘めています」と述べています。ヘレウス・アムロイは、射出成形と3Dプリンティングの両方でアモルファス合金を加工し、工業規模でニアネットシェイプの部品を製造しています。

ドイツ・イノベーション・アワードは、今年で3回目の開催となります。「応募されたイノベーションの評価は、ユーザー中心であることを重要視しています。これがドイツ・イノベーション・アワードの特徴です。これは、将来のユーザーが、早い段階から製品やデザインの開発に関与している場合に特に有効です。多くの企業がこのことを認識し、適切な方法を用いて真の顧客ニーズを特定し、そのニーズに基づいた経済的に適切な製品を開発しています」と、ドイツデザイン評議会会長のルッツ・ディートゾルドは述べていますす。ドイツデザイン評議会はドイツ連邦議会によって設立され、ドイツの産業界がスポンサーとなっています。1953年以来、国際的に通用するデザイン、ブランド、イノベーションの功績を称えるコンペティションを開催しています。*

*評価基準の詳細はこちらでご確認ください。 https://www.german-innovation-award.de/

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.