ヘレウスメディカルコンポーネンツ、コラボレーションハブを開設
医療機器の市場投入を速やかに

2020年6月24日

コラボレーションハブのロビー
コラボレーションハブのロビー

業界をリードする医療機器受託メーカーの1社であるヘレウスメディカルコンポーネンツ(以下、ヘレウス)は、米国・ミネアポリスに新設したコラボレーションハブの運用を開始しました。この新しいハブでは、医療機器のお客様とパートナー企業は、ヘレウスのエンジニア、デザイナー、材料科学、製造の専門家と協力して、新製品や革新的な治療器具を短期間で試作、試験、パイロット生産することができます。

6,200平方メートルものコラボレーションハブへの投資は、医療機器のお客様が最優先事項の1つとしている製品とイノベーションをより迅速に上市できるようにするために新設されました。協力してアウトソーシングすることは、医療機器メーカーが社内チームを強化し、製品開発を加速するためにますます重要なビジネスモデルになっています。新しいコラボレーションハブでは、施設のテストラボ、臨床シミュレーションラボ、トレーニングラボ、機械室、パイロット生産機を利用して、ヘレウスの研究開発の専門家集団と共に、現場で作業する機会をお客様に提供しています。

厳選された製品開発者がイノベーションの原動力となる

技術の専門家を配置し、パイロット生産ラインと研究開発装置の導入が完了したこのハブでは、世界中の医療機器パートナーとの新製品開発活動を推進しています。コラボレーションハブの責任者であるライアン・ピーターズは、 「パートナー向けのソリューションの共同開発は私たちの活動の軸となっています。当社の厳選された技術チームの専門知識と最新技術がありますので、医療機器のお客様にとっては、医療機器のイノベーションを加速するのに非常に刺激的な機会となるでしょう」と述べています。

イノベーション担当エグゼクティブバイスプレジデントであるハイコ・シュペヒトは、「コラボレーションハブは、お客様とパートナーが、次の画期的なイノベーションまたは治療法を開発するための新しいアイデアや素材、技術を培うための根本的変化を促進させるものであると考えています。必要なすべての分野を1つの屋根の下に置くことができて、とても誇りに思います。私はこのアプローチが違いを生むと信じています。これにより、お客様の製品をコンセプトから現実世界へとさらに迅速に届けることができます」と述べています。