銅中の酸素活量センサー

Celox-CuおよびConcelox-Cuは溶融銅中の酸素含有量測定用電気化学的センサです。Celox-Cuは、バッチ式の銅精製中の消耗型酸素センサーです。またConcelox-Cu は、鋳造プロセスでの連続測定用酸素センサーです。両方のセンサー共に、溶銅中の酸素含有量1ppm から12,000ppm以上までという、技術的に十分な範囲の測定に対応しています。センサーの測定精度は燃焼分析法と同等であり、低酸素域ではむしろ優れています。Celox-Cuは、標準のランスホルダーおよび専用計器(Multi-lab III および Celox-Lab Cu) と共に用いられます。連続的なConcelox-Cuセンサーについては、特別のPCロガーおよび制御ソフトウェアであるConcellogが必要です。Concelox-Cuの寿命は測定対象にもよりますが数日間に達します。

センサー: Celox-Cu、Concelox-Cu

Instruments: Celox-Lab E Cu, Concelox-Cu

to top