熱分析

凝固冷却中の鉄サンプル温度の記録および分析は、熱分析と称されます。溶鉄がカップ内で凝固冷却する間に液相線および固相線温度を読み取り、炭素およびシリコンの量を計算します。計器内の適切なプログラムにより鋳鉄品の物理的特性を計算することもできます。

これに用いられるQuiK-Cup(QuiKは石英で絶縁されたK型熱電対のことです)は 普通鋳鉄、合金鋳鉄、ねずみ鋳鉄、白銑など各種の鋳鉄に対し設計されており、キュポラの出銑樋、保持炉あるいはタンディッシュにおいて用いることができます。

センサー: QuiK-Cup

to top