スラグセンサー

Slag Probes

製鋼スラグ中の酸素ポテンシャルの測定

Celox SLACは、精錬炉および取鍋においてスラグ中の FeOまたはFeO-MnOを測定し、スラグの酸化度制御に貢献します。酸素濃淡電池はCeloxと同等です、プローブ浸漬中にスラグをキャッチするための円筒が設けられ、ジルコニアと溶融スラグを確実に接触させます。Celox SLACは標準のCelox計器およびランスを用いて測定できます。スラグ測定に不要な熱電対はセンサーに組み込まれていません。

センサー: Celox SLAC、QuiK-Slag

転炉および取鍋におけるスラグサンプリング

QUSASは通常のサンプラーと同様に浸漬して使用します。QUSASがスラグ層を通り抜けて溶鋼中に浸漬される前に、スラグをその採取室に集め、鉄製のリングによってディスク形状に圧縮され凝固します。浸漬後にサンプルをプローブより容易に取り出すことができ、すぐに搬送可能です。またこのサンプルは、前処理なしでXRF分析に適用できます。

センサー: QUSAS

スラグ厚みおよびフリーボードセンサー

このシステムは、DeltaDist Lという特殊なプローブの先端部に電子チップ部品が埋め込まれた形でできています。昇降速度がわかる自動浸漬装置にこのプローブを用いることにより、スラグ厚みおよび取鍋フリーボードを測定することができます。

センサー: Delta Dist L

to top