温度センサー

スポット測温

迅速、正確、かつ信頼できる測温は、製鉄生産時のコストパフォーマンスの高い温度制御にとって不可欠な方法です。Heraeus Electro-Nite の高性能な消耗型温度センサーは、様々な製造プロセスに応じて熱電対のタイプ、プローブの長さ、および浸漬ランスタイプを選択(手動/自動)することが可能です。さらに、作業者をスプラッシュから保護するノンスプラッシュ型プローブや、多数回使用型プローブが、特に重要なプロセスや鋳物工場において利用可能です。

センサー: Positherm、BTE、ノンスプラッシュ Positherm

連続測温

連続測温プローブを用いることにより、連続鋳造中の溶鋼温度制御が可能となります。測温精度はスポット測定によるものと同等です。様々な保持装置およびケーブル長を提供できます。

センサー: CasTemp、Contitherm、Contilance

to top