OLED照明

有機発光ダイオード(OLED)は、これまでの10年で照明の新技術として注目されています。超薄型で柔軟な構成により、新しい照明デザインと独自の照明ソリューションが実現します。

複雑さと価格

先行する製品は既に上市されていますが、OLED照明が一般照明市場に本格的に参入するには、依然として大きな障害があります。とりわけOLED自体が高コストであることと、従来のLEDとの競争が大きな壁です。この原因の一つがOLEDの製造プロセスの複雑さです。OLED照明は材料を真空蒸着させ、さらに高価なITOスパッタ陽極基板を使用して作られます。

コスト管理

へレウスは、ウェット塗布工程用に2つのOLED素材を提供します(図1、2)。

  • 陽極とOLED層積層間の正孔注入層(HIL)材料
  • 金属メッシュや金属ナノワイヤー等のその他の電極表面を平坦化できる透明な陽極用導電性電極材料

  • スロットダイまたはインクジェットによるコストに優れた湿式処理
  • 厚膜でも発揮される優れた透過率
  • 陽極表面の平坦化機能によりOLEDの欠陥を低減
  • 量産ラインで使用可能
  • 調整可能な仕事関数と抵抗率
  • pH中性の水性タイプと非水性タイプ
  • 管理された分散特性により非常に低粗表面を実現(図3)

新製品Clevios™ HY E は、AgNWとPEDOT:PSSのハイブリッド材料で、低シート抵抗化10〜15Ω/ sqが可能です、簡易でバスバー不要な透明なアノードを実現します。

平坦化の利点

Clevios™層の主要な機能の一つに、その平坦化特性があります。ラボ環境では過小評価されることが多いのですが、実際の製造環境ではその利点が明白に現れます。 Clevios™は、厚さと透明度の高さを両立した層として塗布可能なため、細かい凹凸、粒子、粗面を完全に覆い、OLEDパネルの電流漏れ、ダークスポット、欠陥を最小限に抑えることができます。

最良の結果を得るための組合せ

コスト削減効果の高いアプローチとしてClevios™を金属(銀)メッシュと組合せることで、コスト効果の高いアプローチが可能となります。Clevios™ HIL-E は、凸凹の金属メッシュ表面をカバーしOLED照明パネル製造用の滑らかで透明なアノードにします

金属メッシュを平坦化することにより、横方向に導電性の高いClevios™ HIL-E は、メッシュ内の電流分布を均一にします。さらに、この層は効果的な正孔注入層としても機能します。Clevios™ HIL-E 3つの機能を一つの材料・層の中に綺麗にまとめあげています。

  • 平坦化
  • 電極性
  • HIL

KETI(韓国)と協力して、ヘレウスはこのアプローチを成功裏に実証しました。 (図4)