車載用途および家電用途向け導電性接着剤

エレクトロニクス産業の製造プロセスはシンプルかつ自動化され、効率的で、さらには信頼性の高いものであることが要求されています。導電性接着剤が1液化され、高信頼性かつ優れた導電性を示す製品が普及してきた理由はここにあります。低銀タイプの導電性接着剤は、コスト管理のソリューションとして貢献します。

車載用途および家電用途向け導電性接着剤

等方性導電性接着剤(ICA)は、自動車産業でLTCC /セラミック基板に表面実装部品を実装する用途で使用されます。また、家電製品のリードフレームやフレキシブル基板への部品実装にも利用されています。どちらのアプリケーションにも、信頼性、簡素化、コストの面で高い要求があります。

このような課題に対し、私たちは優れた特性を備えた一液型熱硬化性エポキシ接着剤を提供しています。私たちの低銀接着剤は、優れた導電性と高い接着力を備え、非常に優れた熱伝導性を示します。

私たち導電性接着剤は無溶剤かつ鉛フリーで、ディスペンスおよび印刷により塗布可能で、シンプルで安定した製造プロセスを実現します。

当製品は全て、アプリケーションセンターにて直接テストして頂けます。

特徴:

  • 電気的/熱的特性に優れる
  • 混合不要の一液型タイプで、シンプルかつ安定した使用が可能
  • 温度サイクル性能が優れるため、高信頼性が期待できる
  • 優れたコストパフォーマンスを実現する低銀ソリューション
  • 無溶剤および鉛フリー
  • 速硬化および低温硬化タイプもラインナップ

私たちのサービスの特徴:

  • 社内アプリケーションセンターにて評価データの収集が可能
  • お客様のアプリケーションやニーズにぴたりと合うソリューションをご提案

自動車:車載用途のLTCC /セラミック基板上に表面実装用部品の実装用として使用されています。

  • モーター管理
  • 安全装置
  • センサー

家電製品:民生用電子機器のリードフレームおよびフレキシブル基板への部品実装に使用されています。

  • スマートカード
  • RFIDカード
  • カメラモジュール
  • LED
製品名 塗布方法 硬化温度* アプリケーション
PC3000 スクリーン印刷 150℃で10分 /
または120℃で20分(標準硬化)
車載用途等、耐振動性が要求されるダイアタッチおよび部品実装
PC3001 ディスペンス 150℃で10分 /
または120℃で20分(標準硬化)
車載用途等、耐振動性が要求されるダイアタッチおよび部品実装
PC3002 ステンシル印刷 150℃で10分 /
または120℃で20分(標準硬化)
車載用途等、耐振動性が要求されるダイアタッチおよび部品実装
PC3431 ディスペンス 150℃で10分 /
または120℃で20分(標準硬化)
低Tg、低弾性の導電性接着剤、フレキ等の低弾性基板に対する実装
PC3601 ディスペンス 150℃で3分 /
または120℃で80分(低温硬化)
低温硬化タイプ、カメラモジュール等の熱に弱い部品の実装