厚膜ヒーター材料

ヒーター素子は、さまざまな産業や用途で広く使用されています。私たちは厚膜製品を用途に応じてパッケージ化あるいはマテリアルセットとして提供し、お客様側の設計のフレキシビリティと製品の信頼性を高めます。それは製品投入サイクルを加速し、お客様の利益につながるとともに、よりテーマを絞り込んだ開発が可能となります。

厚膜ヒーター材料

ヒーターの性能に対する要求はより高まっており、独自の部品形状が要求されることもあり、厚膜材料のアプリケーションは更に多様化しています。最新の厚膜ヒーターは、薄型化が進み形状デザインの自由度がより高まっています。より信頼性が向上しているため、新たな市場開拓につながりお客様の競争力を高めます。厚膜技術は、様々なデバイスに対して最適な材料を組み合わせて使用することで、非常に均一な加熱を可能にします。

私たちの厚膜ヒーター材料は、このような厳しい要求を満たすことのできるソリューションとして、導体、抵抗、絶縁の各種ペーストをご用意しています。ポリマー、ガラス、金属、各種の酸化物/窒化物セラミック基板などの様々な基板タイプに適用するだけでなく、幅広い動作温度にも対応可能で、ヒーター設計の自由度が高まります。

また、「マテリアルセット」として、基板の種類別に製品をパッケージ化しています。ヒーターの動作温度や仕様、形状の自由度などに着目し、製品の組み合わせを選びやすくしています。例えば、アルミニウムやステンレス基材のヒーターは最大350℃の動作温度となり、酸化物/窒化物セラミック基板ですと700℃程度になりますが、このような条件に合う製品セットをご提案可能です。

標準的なポートフォリオ以外でも、お客様のアプリケーションに合った特別なソリューションをご提案できます。私たちのアプリケーションセンターでは、お客様の使用条件に応じて製品をテストし、プロセス条件などを最適化した上でご提案しています。私たちは信頼あるパートナーとして、お客様の開発コストを低減し、開発プロセスを加速するサポートをしています。

用途:

  • 車載用途: 電気自動車用バッテリーの温度管理、室内/シートヒーター、センサー予熱、ミラー曇り除去等
  • 産業用途: 調理用品, 白物家電、感熱式プリンター、電子タバコ等
  • 半導体用途:ウェハー処理
  • 航空用途: 各種機器、センサー等
  • 医療用途: 分析機器、センサー予熱等

代表的な製品:

基板材質 PET、 PEN FR4、 ポリイミド アルミ(Celcion©) ステンレス (Heramic©) 酸化物セラミック: (Al2O3、ZTA、ZrO2, YSZ) 窒化物セラミック:AlN
動作温度 ~ 100° C ~ 250° C ~ 200° C ~ 100° C ~ 350° C ~ 700° C
配線用/終端電極用 導体ペースト LTC 3602 LTC 3510 C 8829D (Ag) SC 1001 (AgPt) C 8728
C 4729A
C 2160B
C 3620
C 8731
C 2360
C 3620
発熱体用 抵抗ペースト LTC 4600 シリーズ HTR 12000AR シリーズ SR 21 - 350 シリーズ R 8900 シリーズ
R 2200 シリーズ
PC 10000 シリーズ
R 400A シリーズ
C 3620
9000 シリーズ
R 2211
R 2221
PC 10000 シリーズ
C 3620
絶縁ペースト IP 6080A
/ IP 6085
SD 1010A
SD 1020
IP 9217
IP 9227
IP 9242
オーバーグレイズ SM 2000
PD 5100 NW
SD 1019 IP 9036A
IP 9217
IP 9002
IP 9241