セラミック巻線型白金測温抵抗体について

セラミック巻線型白金測温抵抗体素子

セラミック巻線型白金測温抵抗体は、その構造によって非常に精密な温度測定を可能にし、 主に高精度組立て済み工業用温度センサとして使用されています。

白金スパイラル線が高純度の酸化アルミニウムセラミック本体に組み込まれた構造をしています。リード線はせん断抵抗力があり、延長リード線やケーブルへの接続を確実にします。この構造により、優れた長期安定性と耐振性、機械的安定性を実現し、高い測定電流が可能です。

2組の白金スパイラル線が1つのセラミック管に埋め込まれたダブル素子の製造も可能です。

今日の産業プロセスにおいて、温度センサの精度に対する要求はますます高まっています。このような市場からの声にお応えするため、高い精度が求められる温度計器に接続する工業用白金測温抵抗体センサは、より一層高精度に、かつさまざまな環境下に耐え、今まで以上に信頼性が高くなければなりません。

例えば、化学プラントでは、高い効率を得るためにより正確な温度測定が必要になります。また火力および原子力発電所では、過酷な使用に耐えうる温度計が発電効率と安全性を保証します。

セラミック巻線型白金測温抵抗体は互換性があり、産業プロセス用として、幅広く優れた性能を発揮します。

to top