各種温度センサについて

それぞれの相違点や特性についてご紹介いたします。

薄膜型白金測温抵抗体は、アルミナ基板に白金蒸着膜で回路を形成している構造となり、巻線型より各クラスの温度保証範囲が狭い特徴があります。

一方、巻線型白金測温抵抗体は、白金スパイラル線が内蔵されています。この構造により、ヒステリシスなしに低温から高温域まで使用することが可能です。

白金測温抵抗体素子の精度

温度計への組立て時において、リード線の加工は測温の精度に影響を及ぼすため、細心の注意を払わなければなりません。

表は、白金測温抵抗体素子の種類、そしてリード線の材質によって異なる抵抗値を示しています。

白金測温抵抗体素子リード線抵抗値

温度センサと呼ばれるものには現在、白金測温抵抗体素子、サーミスタ、熱電対の3種類があります。その中でも温度領域が広く、極低温から高温までを網羅しているのが白金測温抵抗体素子です。

サーミスタにない汎用性の高さと、高精度を誇るヘレウスの薄膜型白金測温抵抗体素子は、完全自動化された工場で製造されています。トリミング調整されているため、個々の素子にばらつきがなく品質が安定しています。

高精度という観点から、省エネ、さらに環境保全の面でも活躍する白金測温抵抗体素子。今後さらに幅広い分野で応用されることが期待されています。

サーミスタと白金測温抵抗体素子の比較

白金測温抵抗体、サーミスタ、熱電対の比較

薄膜型白金測温抵抗体 サーミスタ 熱電対
変化値 抵抗 抵抗 熱起電力
素子の再現性 トリミングで調整(ばらつきなし) 選別にて調整(個別差あり) 有り
精度 高精度
F0.1(クラス1/3B)級で+/-0.1℃
普通 良い
測定温度範囲 極低温: -196 ~ +500℃
中温: -70 ~ +500℃
高温: -70 ~ +1000℃
狭い 広い
規格 DIN/JIS 無し DIN/JIS
価格 ほぼ高精度サーミスタ(NTC)と同等 安い 普通
特徴 抵抗値は直線変化 抵抗直は対数変化 直線の熱起電力変化
応用 高精度工業用温度計(測温抵抗体) 温度スイッチ 工業用温度計
リード線 導線 導線 補償導線
to top