自動車・航空宇宙向け複合材料の赤外線加熱プロセス

複合材料は、目的に応じて様々な方法で加工されています。赤外線による加熱は、急速な均一加熱が可能です。

複合材料の製造技術に用いられる赤外線加熱

大型自動車の車体部品に使用される短繊維強化熱硬化性プラスチック、高強度構造部品に使用される長繊維強化熱可塑性プラスチック、風力発電所に使用されるロービング、スリーブや圧力シリンダーに使用されるフィラメントワインディングなどがあります。複合材料は、その使用目的に応じて異なりますが、これらに共通しているのは、最もコスト効率の良い方法で生産することが求められていることです。この場合、赤外線による加熱が役立ちます。

赤外線は熱硬化性プラスチックを熱硬化し、溶着、成型、成形の前に熱可塑性プラスチックを加熱します。製品形状や加熱プロセスに合わせて正確に調整することができる赤外線は、レイトレーシングや計算流体力学などの高度な数値手法により、大きな表面を均一に加熱することができます。

赤外線の活用方法と導入事例

航空機の新しい軽量部品に生かされる赤外線の 活用方法

ドイツ連邦経済エネルギー省によって推進されているエアバス社の航空機胴体に用いられる新しい軽量複合部品の 試作品開発のプロジェクトにおいてヘレウスの赤外線が用いられています。このプロジェクトでは、加熱エリアと材料の搬送を既存のプレス機に改造することがプロセス設計上の課題でした。

NCCでのプリプレグの均一加熱~研究開発技術に用いられる赤外線加熱ユニット ~

イギリス・ブリストルのナショナル・コンポジット・センター(NCC)は、ヘレウス・ノーブルライト社の最新のCAE*技術を用いて、選定した複合材のプリプレグレイアップに必要な熱入力と制御方法を最適化しています。

36. 複合材料の製造技術開発に赤外線を生かす特徴

英国Hyde社は、ヘレウスの赤外線システムを用いて、将来に向け航空機の複合材の採用を進展させるために、複合材料の製造技術を開発しています。

プリプレグをロボットセルに取り付けられた赤外線システムで加熱する方法が採用されています。

複合材料のサンドウィッチ構造~赤外線の成形技術への応用方法~

ドレスデン工科大学の軽量建築・プラスチック技術研究所(The Institute for Lightweight Construction and Plastics Technology, ILK)は、熱プレスなどの新しい組み合わせプロセスを改善するために私たちの赤外線加熱システムを導入しています。