SAMPE Japan 先端材料技術展2021
に出展しました

自動繊維積層装置AFPメーカー様、
自動テープ積層装置ATLメーカー様)必見!
『マルチマテリアル化のためのラミネート用加熱技術』

キセノンフラッシュランプによる赤外線の加熱光源「humm3®」を使い、生産現場ご担当者がどのように効率的にマルチマテリアル化を実現できるかをご紹介しました

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.

humm3®ディスカバリーでイノベーションを実現

humm3®テクノロジーは、高出力で柔軟性があり、制御可能な熱ソリューションで、自動繊維積層装置(Automated Fiber Placement、AFP)、自動テープ積層装置(Automated Tape Laying、ATL)、フィラメント・ワインディング(FW)など複合材アプリケーションに適しています。この技術は、3つのパルスパラメータを使用して、ほぼ瞬時に目標温度に達する、洗練されたパルスの光ソリューションです。

開催概要:

【出展展示会】SAMPE Japan 先端材料技術展2021(第17回SAMPE先端材料技術国際会議・展示会)
【会期】2021年12月1日(水)~3日(金)午前10:00~午後5:00
【会場】東京ビッグサイト西ホール
【小間番号】S-8

多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。