クルマの軽量化に貢献する赤外線加熱技術の活用法

ヘレウス株式会社が初めて名古屋での展示会に出展!
第1回 [名古屋] クルマの軽量化 技術展 - クルマの軽量化技術に特化した展示会

2018年9月5日~7日
ポートメッセなごや、ヘレウスブース:第3展示館 #8-16

『新しい軽量化材料に新しいスマートな生産プロセスを創る赤外線加熱技術』

クルマの軽量化材料の加熱プロセスを向上する技術をご紹介しました。

ヘレウスの赤外線ヒーターには、従来の対流加熱、伝熱加熱とは異なる能力、性能、そして大きな可能性があります。高い技術力で生産効率の向上、省エネルギー、省スペース化に貢献しています。

会期中は以下の加熱技術とその利点についてご紹介いたしました。

次世代非接触型赤外線熱溶着プロセス

アルミやハイテンなどの金属材料の高速・高温加熱プロセス

CFRP急速均一加熱プロセス

ブースでは、 ヤマウチ精機株式会社 様と共に、非接触型赤外線熱溶着機を用いて、赤外線溶着の実演を行いました。

第1回名古屋オートモーティブワールド
出展社による製品・技術セミナーの様子

出展社による製品・技術セミナーを開催

日時:9月7日(金) 午後1:30 ~2:00
会場:第3展示館 セミナー会場 EX-1
セミナー内容:『軽量化における赤外線プロセスの応用例』
軽量化の新材料は成型工程に新しい加熱を必要とします。輻射加熱を他の加熱と比較しながら赤外線ヒーターの実績をご紹介しました。

軽量化における赤外線プロセスの応用例
軽量化における赤外線プロセスの応用例

当日会場にてお渡ししました ホワイトペーパーのダウンロード はこちらから

to top