疑似太陽光光源および耐候試験機向けキセノン・フラッシュランプ

疑似太陽光光源(ソーラシミュレータ、セルテスタ)および耐候試験機向けキセノン・フラッシュランプ

今日では多くの市場、特に太陽光発電、自動車、繊維製品では、需要の高まりと共に、メーカー側は常に製品の長寿命と品質を保証するための環境試験を行わなければいけません。キセノン・フラッシュランプは、太陽と似た発光波長を持つため、また紫外線から赤外線までの全波長領域を出力するため、信頼のおけるソーラシミュレータやセルテスタ用疑似太陽光として、また耐候試験機の光源として世界中で使用されています。

ソーラシミュレータおよび耐候試験機向けキセノンランプを使用するお客様のメリット

  • UVからIRまでの標準太陽光シミュレーションが可能
  • パルスごとに安定した繰り返し性のある出力を実現
  • 出力分布が一定

ソーラシミュレータ向けキセノンランプ

太陽電池やソーラパネルの試験には、短波長紫外線から赤外線までの波長の、全スペクトルにわたる標準太陽光シミュレーションが必要です。試験期間を通して、測定には安定した繰り返し性が必要になります。ヘレウスでは、ソーラシミュレータやセルテスタなどの装置の仕様に合わせるため、主要装置メーカーと協力して光源の開発を行っており、お客様のプロセス要件に合わせたランプを提供しています。

  • 直管型とリング型ランプ
  • 出力分布が一定
  • 太陽電池単体およびソーラーモジュールの試験用
  • 太陽スペクトルとほぼ一致するランプ出力

耐候試験機向けキセノンランプ

耐候試験では、さまざまなサンプルを長時間光にさらします。このアプリケーション向けフラッシュランプは、パルス式およびCWモードの両方で動作します。キセノン・フラッシュランプは出力強度が高いため、太陽にさらされる材料の耐久性を確認する加速経時試験を実施できます。

to top