赤外線による3D積層造形

赤外線による3Dプリンターでの均一かつ効率的な加熱技術

積層造形(アディティブ・マニュファクチャリング、AM)では、産業用3Dプリンタ内に粉末材料を積層しさまざまな形状にします。通常は、事前に設定された施工データをもとに、粉末材料にレーザーを照射し、溶融し、積層します。この技術は品質と効率の面で注目されています。

赤外線加熱はこれらのプロセスをサポートする重要な技術になります。製造段階で粉体層の予備加熱は重要な鍵となり、焼結プロセス直前に安定した温度を確保することは、品質や生産速度の向上に貢献します。

使用する粉体材料の種類に加えて、チャンバー内の熱分布も重要な要素です。私たちは、出力、形状、波長の点で、材料に合わせて正確に調整できる赤外線ヒーターを提供しています。

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.

赤外線による3D積層造形の動画をご覧ください

赤外線ヒーターは粉体層を非接触で均一に加熱します。これは、赤外線ヒーターから放射される熱を精密に加熱対象物に照射するように調整できるからです。この用途には短波長赤外線ヒーターが用いられることが多く、お客様がご使用になる材料の吸収波長に合う波長をお選びいただけます。短波長およびカーボン中波長赤外線ヒーターは応答性に優れており、放射温度計やサーモビュー装置の温度に対応して容易に制御することができ、プロセス制御をしやすいのが特長です。そして、常に一定の加熱条件と安定したプロセスが可能になり、生産の品質向上に寄与します。

  • 予熱プロセスのシミュレーションサポート
  • 設置スペースへのユニット対応
  • 適切な冷却ユニットの設計
  • ゾーンコントロールの提案
加熱プロセスを最適化するCAEシミュレーション

CAEシミュレーションにより、お客様の製造システムに最適な熱分布を決定することができます。熱管理の観点から、基板、部品、アセンブリの温度分布を調査するためのツールが使用されています。CAEは、品質が安定しない潜在的な原因を特定するための幅広い計算機能を備えています。

Sales

赤外線ヒーター・赤外線システムに関するお問い合わせ