木工製品の赤外線加熱・乾燥の応用

木工製品の赤外線加熱・乾燥の応用

赤外線技術は、木工製品の加工プロセスにも使われています。

赤外線は、パネル形成、予熱、乾燥、コーティングの硬化、などの多くの用途において加熱・乾燥プロセスとして用いられています。ヘレウスの赤外線ヒーターは、必要な場所にのみ的確に熱を加えることができ、また必要な時にのみ必要な温度で必要な時間だけ加熱することができます。

赤外線によるファイバーボードの粉体塗装の最適化

赤外線によるファイバーボードの粉体塗装の最適化

ヘレウスの赤外線ブースターは、ドイツのSauter社の粉体塗装の中質繊維板の乾燥に用いられています。そのような板は、テーブル、食器棚、オフィス家具に広く使用されています。しかし、粉体塗装が木材繊維にほとんど伝導せず、熱に敏感であることから、同社にとって粉体塗装は大きな課題でした。最終的には、反応性の非常に高い低温粉体塗料を使用することによって課題を克服しました。

続きを読む

赤外線によるエンボス・ラミネート加工ラインの向上

赤外線によるエンボス・ラミネート加工ラインの向上

英国クラムリントンにあるCova Products社は、エンボスラインに短波赤外線ヒーターを搭載したカスタム赤外線装置を設置することにより、加熱対象物に的確に加熱をすることができ、省エネルギーとスループットを向上させています。

続きを読む

赤外線による合板品質の向上

赤外線による合板品質の向上

ヘレウスの中波長赤外線乾燥システムは、合板の製造においてその品質向上に役立っています。

続きを読む

赤外線による木工のゲル化および硬化

赤外線による木工のゲル化および硬化

中質繊維板(MDF)の粉体塗装は、ラッカーと板の表面だけが加熱されるとプロセス時間を短縮し製造コストも削減できるため、高速にゲル化する必要があります。それによって、MDFはさらに早く次の工程へと移ることができます。

続きを読む

to top