原子蛍光分光

蛍光分光法

原子蛍光分光は、分子性物質、多くの場合は有機物質の定性および定量分析の手法です。対象物質は液体または固体です。この方法はたいてい実験室で実施されますが、現場でサンプルを検査できる携帯型(ポータブル)分光計も増えています。

UVランプは原子蛍光分光の光源に使用されます。光線を束にしサンプルに向け、サンプルにより再放出される光のスペクトルを90°の角度で分析します。スペクトルはサンプル組成の測定に使用できます。

この分析方法は、例えばタンパク質やDNA、水質の分析など、特に生物学、生化学、医学、環境アプリケーションでよく使用されています。