高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)は、カラム中のサンプル混合物を分離する分析化学の手法です。混合物は移動相と固定相間の境界挙動の違いで、異なる速度でカラムを通過します。カラム出口では、混合物が分離されており、設定された波長における、各物質の吸光度が検知器によって検出されます。吸光度は化合物の濃度に比例します(ランベルト・ベールの法則)。

高速液体クロマトグラフィー, HPLC, 重水素ランプ

高速液体クロマトグラフィーは、医薬品の純度チェック、食品の混入物の検出などの現場で利用されています。ヘレウスの重水素ランプは高感度が必要な現場、乳幼児用の粉ミルク中のメラミン含有量の分析など、で活用されています。

重水素ランプは紫外から可視光までの連続スペクトルを出力し、精度の求められる測定機器には理想的な光源になります。へレウスの重水素ランプは、従来の重水素ランプに比べ、約50%高い強度で2~3倍低いノイズ値を達成しているため、薬物・血液検査など、超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)にも最適な光源です。