複合材料に対する赤外線加熱、フラッシュプロセスとUV硬化

コンポジット材料に対する赤外線加熱、フラッシュプロセスとUV硬化

複合材料は、目的に応じてさまざまなタイプのものが用いられます。大型車のボディ部品用の短繊維強化熱可塑性プラスチック、高強度構造コンポーネント用の長繊維強化熱可塑性プラスチック、風力発電プラント用のロービング織物、スリーブや圧力円筒向けのフィラメントワインディングなどがあります。これらは、共通して、最もコスト的に効率のよい方法で生産されています。

赤外線加熱やUV硬化は、これらの部品を組み立てるために使用されています。赤外線加熱やUV硬化によって、高速で、均一に加熱したり、硬化したりすることができ、それによってプロセス時間を短縮できるからです。

赤外線による複合材料の加熱

赤外線加熱は、熱硬化性プラスチックを硬化させ、溶着や成形前の熱可塑性材料を加熱します。赤外線照射は、正確に製品やプロセスに対して最適化できます。レイトレーシングや計算流体力学といった高度で数的な手法は、表面積の大きなものを均一に加熱するのに有効です。

アプリケーション例:

  • 熱硬化性プラスチックの硬化
  • 熱可塑性材料の加熱
  • 複合材料の層の結合
  • 複合材料の層の圧縮成形
  • 成形前の複合材料の予備加熱

UV技術による乾燥と硬化

UV照射は、不飽和ポリエステルやビニルエーテルを含むガラス繊維強化樹脂の硬化に使用されます。UV硬化は、湿度や温度に依存せず、一定で制御し易い利点があります。数秒以内に硬化するので、成形、引き抜き成形、曲げなどの製品の量産に特にメリットがあります。

アプリケーション例:

  • 天窓のパネル
  • シャワーや浴槽の囲い
  • トラックパネル
  • マストとポール
  • タンク
  • パイプ

フラッシュランプによる複合材料の加工

フラッシュランプは、エネルギーを数ミリ秒内に放射し、UVとIRを非常に集中して照射できます。光の出力は、硬化、加熱、表面やコーティングの焼き戻しのエネルギー源として使用されています。特に、多くのエネルギーが非常に短い時間内で必要とされる場合に適しています。

アプリケーション例:

  • 複合材料の硬化
  • 加熱と焼き戻し
  • 自動化された繊維の配置
  • 繊維の巻き取り

赤外線による複合材料の加熱

赤外線加熱は、熱硬化性プラスチックを硬化させ、溶着や成形前の熱可塑性材料を加熱します。赤外線照射は、正確に製品やプロセスに対して最適化できます。レイトレーシングや計算流体力学といった高度で数的な手法は、表面積の大きなものを均一に加熱するのに有効です。

アプリケーション例:

  • 熱硬化性プラスチックの硬化
  • 熱可塑性材料の加熱
  • 複合材料の層の結合
  • 複合材料の層の圧縮成形
  • 成形前の複合材料の予備加熱

UV技術による乾燥と硬化

UV照射は、不飽和ポリエステルやビニルエーテルを含むガラス繊維強化樹脂の硬化に使用されます。UV硬化は、湿度や温度に依存せず、一定で制御し易い利点があります。数秒以内に硬化するので、成形、引き抜き成形、曲げなどの製品の量産に特にメリットがあります。

アプリケーション例:

  • 天窓のパネル
  • シャワーや浴槽の囲い
  • トラックパネル
  • マストとポール
  • タンク
  • パイプ

フラッシュランプによる複合材料の加工

フラッシュランプは、エネルギーを数ミリ秒内に放射し、UVとIRを非常に集中して照射できます。光の出力は、硬化、加熱、表面やコーティングの焼き戻しのエネルギー源として使用されています。特に、多くのエネルギーが非常に短い時間内で必要とされる場合に適しています。

アプリケーション例:

  • 複合材料の硬化
  • 加熱と焼き戻し
  • 自動化された繊維の配置
  • 繊維の巻き取り