UV硬化による木工コーティングの乾燥と硬化

木工製品の製造には、生産効率を高めるため、製品品質を向上させるためなどの目的でUV硬化が用いられています。

UV硬化による木工コーティングの乾燥と硬化

前仕上げ加工のフローリング、成形、パネル、ドア、高級家具、パーティクルボード、MDF、組立家具などの多数の木工製品の製造では、UV硬化型フィラー、染料、シーラー、トップコート(クリヤータイプや、顔料含有タイプ)が使用されています。

UV硬化は、耐摩耗性、耐薬品性、耐汚染性を付与しますが、低温硬化プロセスであるためプロセス時間を大幅に短縮します。UVコーティングは、低VOC、水系または100%固形分で、木材に対して、ロール、カーテン、バキュームコート、スプレーコートなどが可能です。

UV硬化による利点

  • より速い生産速度
  • リードタイムの短縮
  • 作業費の削減
  • VOCの完全な排除または、大幅な削減
  • 完成品のより高い品質
  • 廃棄物の削減
  • 完成品までに必要な設置面積の削減
  • 迅速な処理とパッケージング
  • 可燃性リスクの低減による保険料の削減

アプリケーション

  • 前仕上げ加工の寄木張りや縁甲板の堅木張りフローリング
  • 成形と加飾
  • 台所や風呂用の高級家具
  • 木材製のオフィス用や住居用家具
  • パーティクルボードやMDFパネルや部品