フレキソ印刷によるラベル製造の最適化:従来のUV硬化のUV LED硬化への更新

フレキソ印刷機に搭載されている従来の高圧水銀UV硬化装置をUV LED硬化技術に更新することで、ラベルやタグの生産に大きなメリットがあります。しかし、UV LED硬化システムのメーカーを選択する前に、オプションが何であるか、それぞれのメーカーがどのようにラベル製造プロセスを最適化できるかをよく理解する必要があります。

フレキソ印刷でのラベル製造におけるUV LED硬化の利点

UV LED硬化技術は、多くの印刷プロセスで採用されるようになり、ラベル、タグ、フレキシブル包装およびシュリンクスリーブ包装向けのナローウェブフレキソ印刷(フレキソ)印刷、オーバープリントニス(OPV)に優れた利点があります。

6つの利点:

1. 印刷速度の高速化と迅速な処理による生産速度の向上と納期の短縮化

2. UV LED硬化ユニットの調光制御性と基材への熱の低減による、プロセスの柔軟性と制御性の向上

3. コンパクトな形状と内部冷却による、既存のフレキソ印刷機の容易な改造

4. より均一で安定したUV出力による信頼性と安定した印刷の仕上がり品質の向上

5. 省エネルギー性、消耗部品やメンテナンスコストの低減によるプレス機の運転コストの削減

6. UV LEDの水銀不使用とオゾンの発生がないことによる、プレス機オペレーターのより安全な作業環境の確保

「UV-LED硬化がUVフレキソラベルのコンバーティングプロセスを改善する6つの利点」 では、詳細に説明しています。

フレキソ印刷機のUV LED硬化への改造オプション

フレキソ印刷機のUV LED硬化への改造オプション

コンパクトな形状、軽量、大型な冷却装置や排気ダクト、ファンが不要という特徴から、既存のUVフレキソ印刷機にUV LED硬化装置を簡単に取り付けることができます。 しかし、プレスステーションの数、プレス機上で実行される特定の製品、平均作業時間、予算、および納期までのお客様のご要望によって考慮すべきいくつかのオプションがあります。

  • オプション1:最小限の予算でプロセスの効果を証明する
    1つの選択肢は、最初に1つまたは2つのプレスステーションをUV LED硬化装置に改造することです。硬化の問題がある箇所にUV LEDユニットを設置するのが理想的です。たとえば、通常は厚い乳白色または濃い黒のインキ、金属インキ、ラミネート接着剤や感圧接着剤(PSA)を硬化させる箇所に、UV LED硬化装置を設置することがあります。UV LED硬化ユニットは一般的に、従来のUV硬化装置よりもコストがかかるため、追加のプレスステーションを改造して印刷速度を上げることを決める前に、まずより少ない予算で1台または2台のUV LEDユニットを取り付けてはいかがでしょうか。このようにすることで、より多くの予算を使う前に、プロセスと作業手順の詳細を確認する時間ができます。1台のフレキソ印刷機に既存のUV硬化とUV LED硬化の両方を組み合わせることは、一般に問題ではありません。
  • オプション2: 少ないUV LEDユニットでの柔軟性
    もう1つの選択肢は、稼働中の製品、熱に弱いフィルム、または印刷される色に応じて、また必要に応じて、違うプレスステーションに再設置可能な1台または少ない台数のUV LEDユニットを購入することです。通常、熱に弱い基材に使用するプレスステーションにUV LED硬化を設置すると、冷却ロールが不要になります。UV LED硬化のサプライヤーのなかには、必要に応じて異なるプレスステーションに移動または再度取付ることが容易なモジュール式システムを提供しているところもあります。また、インキサプライヤーは、ジョブ間の時間のかかるインキ交換を避けるために、従来のUV硬化ランプと互換性のあるUV LEDフレキソインキを提供しています。
  • オプション3: より多くのUV LED硬化をする場合
    予算があることを前提に、通常の短い印刷ジョブを頻繁に行う場合は、顔料インキのすべてのステーションにUV LEDユニットを取り付けることを検討して、生産速度を上げ、ジョブ間の切り替え時間を短縮することができます。また、医薬品ラベルや食品ラベル用にローマイグレーションインキやコーティングを印刷しなければならない場合は、すべてのプレスステーションにUV LEDを取付け、一貫した信頼性の高い硬化を確実にしますが、これは理にかなっています。最後に、お客様の予算が許すなら、プレスステーションごとにUV LED硬化ユニットをインストールすることで、フレキソプロセスの必要条件を満たすUV LED硬化型インキ、OPVおよび接着剤があると仮定した場合、最大の投資利益率を得られるもっとも多くの利点が得られるでしょう。

導入が成功するよう計画を立てましょう。

フレキソ生産率を最適化する改造計画

UV LED硬化型インキ、ニスおよび接着剤を提供するフレキソインキサプライヤーの数と、UV LEDのナローウェブフレキソの4%という年間成長率予測による(Flint Groupのグローバルマーケティングディレクターによる)と、UV LED硬化が定着し、従来の高圧水銀有電極UVランプによる硬化から市場シェアを奪うことは確実でしょう。UV LED硬化技術への投資を先延ばしにしているフレキソラベル印刷とタグ印刷業者は、競合に遅れを取る可能性があります。

可能な改造オプション、お客様の特定の状況を考慮することで、フレキソ生産効率を最適化する改造計画を立てることができます。


関連情報:

UV-LED硬化がUVフレキソラベルのコンバーティングプロセスを改善する6つの方法
フレキソ印刷とコンバーティングプロセスを向上することは、最新の技術に遅れを取らないようについていくのが難しい現状下では、現在も続く解決の難しい課題です。このトピックは、フレキソ印刷機で高圧水銀有電極ランプを用いてUV硬化をされている場合、既存の印刷機をUV LED硬化技術に改造する利点について説明しています。

生産性向上のためのUVフレキソ印刷機の改造ガイド:検討すべきUV LED装置の特長
フレキソ印刷機のUV LED硬化技術への更新を検討するのは困難なことです。このガイドは、プレス機のより高い生産性を実現するUV LED硬化装置の機能を説明しています。

従来のUV硬化とUV LED硬化技術の比較
フレキソ印刷とラベルコンバーティングプロセスにUV LED硬化を検討する場合、既存の高圧水銀有電極ランプをUV LED硬化技術と比較すると参考になります。比較表は、一般的なナローウェブフレキソコンバーティングプロセスの簡潔かつ簡単な比較から、それぞれの特性とプロセス設計で考慮すべき点を説明しています。

to top