紫外線(UV)空気殺菌

紫外線(UV)空気殺菌

ウイルス、細菌、酵母菌、カビなどの空気中の数多くの浮遊菌は、特に空港、病院、劇場などの人が頻繁に出入りする施設に存在しています。

このような浮遊菌は、人々の健康を脅かし、原材料を汚染し、食品を腐らせます。紫外線(UV)照射は確実に細菌の増加を抑え、衛生状態や保存状態を改善します。

これは、給気ダクト内の空気にも有効で、空気殺菌することで、微生物を効率的に長期にわたり減少させることができます。

特に、短波長紫外線による照射は高い殺菌効果があります。微生物のDNAが紫外線を吸収すると、DNA構造は破壊され、生きている細胞も不活性な状態になります。

スマートなUV殺菌技術が空気殺菌にどのように役立つのご紹介します。

導入事例:スマートなUV殺菌技術によるビルのエネルギー消費の改善

オーストラリアBeyond Energy Solutions社

導入事例:ケチャップ製造工場におけるUV空気殺菌

ドイツWiegand und Sohn GmbH社

UV空気殺菌の特徴

  • 安全かつ信頼性のある室内殺菌
  • 細菌や病原菌に対する保護
  • 広い設置面積が不要なため、後付けが簡単
  • 高性能ランプ技術:254 nm におけるUVC出力が高い(高い殺菌効果)
  • 取り扱いが簡単

アプリケーション

空調設備のUV殺菌例
  • 食品加工、医薬品産業
  • 病院、診療所、研究所、クリーンルーム、倉庫、オフィス、空港や商業施設など人が多く集まる施設
  • 家畜小屋
  • 冷暖房空調設備のコイルやフィルター