オープンモールド法複合部品のUV硬化

UV硬化により硬化時間が大幅に短縮され、金型の回転数と生産が増加します。

一般的なオープンモールド法では、樹脂とガラス繊維強化材を手動またはスプレー塗布により型にゲルコーティングし、その後加熱硬化または常温硬化のいずれかを行います。どちらの場合でも、硬化には長い時間がかかります。

対照的に、UV硬化プロセスでは、オープンモールドがUV硬化チャンバーに入れられ、部品表面全体がUV照射され、数秒で硬化反応が開始されます。約3.2mm以上の厚みの、透明で着色されていない樹脂とガラス繊維を硬化させることができます。また、厚さと色に依存しますが、透明なゲルコートと一部着色ゲルコートを硬化させることもできます。

通常、不飽和ポリエステル樹脂を使用する加工メーカーは、既存の樹脂に光開始剤(反応を開始する紫外線を照射するとフリーラジカルを発生する成分)を添加することもできます。光硬化性樹脂もさまざまなサプライヤーから入手できます。

UV硬化によるオープンモールド法の利点:

  • より高い生産性
  • 金型の回転数の向上
  • 仕掛品の削減
  • より一貫した完成部品
  • 設置面積の削減
F300が設置されたUV装置内

部品の形状とサイズに応じて、UVランプは、ロボットまたは単純なメカニズムによって、部品表面上を移動する、または、部品が設置されたUVランプの下を移動する、またはその両方の組み合わせで使用されます。

特に、紫外線が部品表面全体をカバーするのが難しい部品には、ハイブリッド硬化が使用されることがあります。この場合、光開始剤と従来の複合樹脂触媒の両方が使用されます。UVは表面を素早く硬化させ、触媒硬化を開始します。