食品包装材の表面を高キルレートに保つ紫外線(UV-C)殺菌

細菌、酵母、真菌などの有害な細菌は、食品包装の過程で完全に除去する必要があります。短波長紫外線(UV-C)による殺菌は、菌を99.9%死滅(細菌減衰率 3 log)させる乾式かつ化学薬品を使用しない方法です。

UV-C紫外線によるフィルムの殺菌

高強度の紫外線をほんの数秒照射するだけで、プラスチックフィルムの蓋やヨーグルトカップの表面に付着している細菌、酵母、真菌などの食品を害する細菌を無害化します。

さらに紫外線耐性のあるカビ菌を効率的に不活化するには、低濃度の過酸化水素(1%〜3%)で消毒した後、紫外線(UV-C)照射することが推奨されています。この組み合わせは、2つのメカニズムを利用しています。紫外線照射は、枯草菌の胞子などの過酸化水素に対する感受性が低い微生物を不活性化します。

これにより、効率的で幅広い殺菌効果と、最大99.99%の細菌負荷の低減が達成され、要求される細菌活性4 log「99.99%以上滅菌」の細菌減少率が得られます。

つまり、保存期間を延長し、腐った食品の返品を減らすことができます。

紫外線(UV-C)殺菌の利点

  • プロセス面
    • 乾式および低温による殺菌
    • エネルギー効率が良い
    • 化学薬品不使用
    • 包装材への熱影響が少ない
    • 充填機や封かん機へのインライン化
    • UVC照射により、ペースト状や液体食品の低温充填時における衛生状態が改善
  • 装置面
    • Makrolon®(ポリカーボネート)板などによる紫外線の簡易な遮光板が可能
    • 破損検知器による安全性の確立
    • コンパクトな設計により改造や後付けが容易
    • 長寿命

アプリケーション

紫外線は、食品の包装材とその表面を殺菌します。

  • オーガニック食品の容器
  • 低温のペースト状や液体の生鮮品(ヨーグルト、牛乳)の容器
  • 容器の蓋や包装材フィルム
  • 粉ミルクの缶や袋
  • 冷たいマスタード、ケチャップ、マヨネーズ、その他の調味料、ドレッシング、ディップソースなどの充填用の容器や小袋のフィルム材
  • バッグ
  • チルド製品(牛乳やヨーグルト)の屋根型紙容器
  • 瓶やボトル密閉キャップ
  • 肉、魚、果物、野菜の加工および包装用のコンベヤーベルト
  • 果物、野菜、ハードチーズなどの食品の表面
新鮮な牛乳の屋根型紙容器の紫外線および過酸化水素による殺菌

新鮮な牛乳の屋根型紙容器の紫外線および過酸化水素による殺菌

カップの紫外線殺菌

ヨーグルトカップの紫外線殺菌