Infradry高性能赤外線乾燥ユニット

インクジェット印刷の水性インクやコーティング乾燥用

Infradry高性能赤外線乾燥ユニット

Infradryはインクジェット印刷機向けの、高出力のツインチューブ赤外線ヒーターと風を組み合せたハイブリッド型の小型ユニットで、今までにない発想で開発された技術です。

印刷機メーカー様向けに、印刷機の開発に合わせて設計をしています。

赤外線エネルギー密度は高く、特殊な反射膜を採用しています。高出力赤外線乾燥が可能になるため、ご満足いただける乾燥結果を得ることができます。お客様の目的に応じて2種類の赤外線ヒーターユニットをご提供しています。

  • 乾燥効率アップ:
    高いエネルギー密度の赤外線輻射熱と風、効率の良いリフレクターで乾燥速度をアップ
  • フレキシブル:
    ワーク幅に合わせた設計と、短波長とカーボンどちらも装着でき幅広い波長領域をカバー
  • 軽量かつコンパクト:
    筐体側面から赤外線ヒーターを引き出す設計で、熱気の排気構造を内蔵。ヒーター交換を迅速にでき、狭い幅にも設置可能

  • インクジェット印刷でのインキの乾燥
  • 水性コーティングの乾燥

Infradry Compact

Infradry Compactは、コンパクトで設置面積が狭く、ヒーター交換が容易です。

Infradry Compact
  • 有効幅最長1500mmまで対応
  • 赤外線ヒーターは基材に対して直交に配置
  • 軽量、コンパクト、モジュール式ユニット
  • プラグアンドプレイコンセプト
  • 筐体断面から赤外線ヒーターを引き出す設計

__________________________________________________________________________

Infradry Combi

Infradry Combiは、従来の赤外線ユニットに比べ、同じエネルギー密度でより高い乾燥効率があります。

Infradry Combi
  • 有効幅最長3000mmまで対応
  • 赤外線ヒーターは基材の流れ方向に配置
  • 基材幅に合わせユニットのカスタマイズが可能
  • 赤外線の輻射加熱と対流の最適な組合せにより高速乾燥が可能

赤外線乾燥に関する情報はこちら