ホロカソードランプ

ホロカソードランプは原子吸光分析装置(AAS)用の放電ランプです。ランプは分析する元素を含んだ陰極、それに陽極とガラス管に封入された不活性ガスで構成されています。ヘレウスは、単元素およびマルチ元素の幅広いランプの選択肢で、ローカーレントおよびハイカーレントタイプ、37mmおよび50mmのランプを業界に提供しています。
ヘレウスホロカソードランプは、OEMメーカーはもちろん、エンドユーザーの交換用ランプとしてもご購入いただけます。その範囲には標準ランプと、PerkinElmerおよびThermoFisher原子吸光分析装置向けのデータコードバージョンがあります。Smith-Hieftjeバックグラウンド補正で使用するランプも提供しています。

  • 70種類の単元素ランプ
  • 最大7種類の元素を組み合わせた、120種類以上の複合元素ランプ
  • 装置に対応した37mm径タイプおよび50mm径タイプ
  • ローカーレントおよびハイカーレントタイプ
  • OEMとエンドユーザー向け
  • 内部のガス容量を大きくしたことによる長寿命化
  • 特殊カソード技術によるクリアな信号と低歪
  • ほぼすべての原子吸光分析装置に使用可能

お客様のメリット

  • 化学物質に対して良好な感受性
  • 高スペクトル応答
  • 安定した光出力
  • 低ノイズ特性
  • 長い動作時間と品質保持期間

アプリケーション分野

  • 原子吸光分光法
  • 原子蛍光分光法
  • 複数波長のレーザチューニング
  • レーザ出力安定性(光ガルバノ効果)

アクセサリー

ホロカソードランプの特殊電源
ヘレウスは、水銀、ホロカソード、PIDランプなどのさまざまな専門ランプの電源を製造します。
電源の電気的特性がランプの動作に大きな影響を及ぼすため、電源は各ランプの特有の要件に合わせて適合させ、できる限り最高の性能を発揮します。
インテリジェントイグニッション電子部品は、ランプの信頼性と穏やかなイグニッションに加え、長いランプ寿命を保ちます。
ランプ電流の残留リップルは、光の安定性に影響を及ぼします。ヘレウスの電源は非常に低ノイズ動作が特長です。

to top