UV硬化装置用Amba®UVランプ

信頼できるUV硬化結果をもたらす中圧UVランプをお探しですか?印刷、コーティングなどさまざまなUV硬化アプリケーションに欠かせない中圧UVランプ「Amba®」には10,000以上の種類があります。

Amba®UV硬化ランプはお客様の使用条件に合わせて製造しております。

ヘレウスでは、幅広いUV硬化ランプとメタルハライドUVランプのほかに、Amba® ランプという、OEMデザインにも対応するUV硬化装置用の中圧UVランプも製造しています。ランプ寿命到達まで高出力を維持し、効率的な UV硬化プロセスが可能です。また、封止材、高純度石英ガラス、電極材、コネクターを厳選しているため、高いランプ性能を実現します。

Amba UV ランプ
UV lamp range


UV硬化アプリケーションのための水銀UVランプ
UV硬化アプリケーションで一般的に使われているランプは、水銀ランプです。ヘレウスのAmba®製品は、アーク長12mmから、最長3.9mまでをラインアップしています。フレキシブルに対応できる独自の生産ラインがあるため、 広く使われるランプタイプを製造することができます。ランプ出力強度は、80W/cmから400W/cmまでになります。


水銀ランプの一般的な波長特性

石英ガラス製の発光管内に高純度の水銀と希ガスが封入されたランプです。紫外線365nm を主波長とし、254nm、303nm、313nm を効率よく放射します。メタルハライドランプより短波長領域の出力が高いため、クリアー塗装や印刷の硬化に使用されています。

主な出力波長:UV-C ~ UV-A

主な用途:クリアーコーティング、黒インク硬化乾燥、殺菌など

リプログラフィ(複写)や特殊UV硬化アプリケーション向けメタルハライドランプ
メタルハライドランプは、リプログラフィやより高い出力波長を必要とするUV硬化アプリケーションで、もっともよく用いられているランプです。水銀ランプに、ガリウム、鉄、またはランプのスペクトル出力を変えるためにその他金属化合物を封入したものです。ヘレウスは、お客さまのUV硬化プロセスに最適なメタルハライドをご提案するスペシャリストです。Amba®のメタルハライドランプの品質は以下のような点を満たしています:

  • 長い耐用年数
  • 短い露光時間
  • ランプ寿命期間中の安定性
  • 確実なイグニッション


鉄ドーピングランプの一般的な波長特性

広域に渡りUVを出力する特長があり、特に380nm前後を強く出力します。印刷業界では、色インクのキュアに多く使用され、 また樹脂硬化やフィルム関係用途にも使用されています。


ガリウムランプの一般的な波長特性

特に403nmおよび417nmを効率よく出力します。一般的なアプリケーションには、印刷の製版や圧幕塗料の硬化に使用されています。

Quantity of lamps
  • 10,000 種類以上のランプに対応
  • ランプ長、特殊出力特性、MH 添加剤などにも対応可能
  • ランプ寿命到達まで高出力を維持し、効率的な UV硬化プロセスが可能
  • 高性能を実現するための封止材、高純度石英ガラス、電極材、コネクターを使用
  • お客様のご要望に合うカスタムメイドランプの作製

Amba® UVランプはさまざまなアプリケーションで用いられています。


  • 接着剤の硬化
  • 自動車用部品
  • CD製造
  • 印刷(フレキソ印刷、インクジェット印刷、オフセット印刷、狭幅・広幅の印刷物、 展示や POP 用ディスプレイなどの大判印刷、 シール・ラベル印刷、 ビジネスフォーム印刷)
  • ガラス装飾
  • グラフィックアーツ
  • 金属装飾
  • 光学レンズコーティング
  • パッケージング
  • PCB製造
  • UV塗料
  • UV仕上げ、など

ヘレウスで標記している中圧UVランプは、主に欧米で使用されている名称です。日本国内では、高圧UVランプと呼ばれています。中圧と高圧、名称は異なりますがUVランプの種類は同等となります。

日本国内メーカー 低圧水銀ランプ
(185+254nm)
高圧UVランプ
(200~400nm)
超高圧水銀ランプ
(365nm等)
海外メーカー
(主に欧米)
低圧水銀ランプ
(185nm, 254nm)
(ロープレッシャーマーキュリーランプ)
中圧UVランプ
(200~400nm)
(ミドルプレッシャーUVランプ)
超高圧水銀ランプ
(365nm等)
(スーパーハイプレッシャーマーキュリーランプ)
用途 殺菌・表面改質・光洗浄等 印刷の乾燥・樹脂の硬化等 プリント基板のパターン形成の露光等
to top