ハイブリッドキュアシステム

ヘレウスのハイブリッドキュアシステムは、紫外から中波長赤外領域までの幅広い波長帯の光を用いて、多種多様な産業界の生産プロセスが抱える課題に対し、光ソリューションを提供することを目的に考えられました。このシステムは、製品の硬化物の物性向上など、製品の品質そのものに革新をもたらす、付加価値を与えるものとして注目されています。

ハイブリッドキュアシステム
ハイブリッドキュアシステムの例

お客様の既存設備を改造、または新規に導入する場合に、弊社の設計専門エンジニアが最適な装置をご提案しています。

お客様の課題によって適切なハイブリッドキュアシステムをご提案していますので、UV硬化プロセスのご相談、実験のご希望、製品に関する詳しい説明のご要望など、お気軽にお問い合わせください。

このシステムは、たとえば以下のような課題を抱えておられるお客様に最適なプロセスです。

紫外線(UV)を硬化を用いて・・・

  • 新製品のためのプロセスを開発したい
  • 既存のUV硬化プロセスを最適化したい
  • 硬化速度を最適化したい

赤外線(IR)を硬化を用いて・・・

  • 加熱・乾燥プロセスをより効率的に活用したい
  • プロセスのトータルコストを最適化したい

ハイブリッドキュアシステムでは、次のようなプラスの価値があります。

  • 硬化性アップ
    • 開始剤の光開裂反応効率が向上し、硬化速度が加速します。それにより、生産性が向上します。
    • 60%に低減した開始剤濃度でも、100%濃度の使用時と同等の硬化性が可能なため、未反応開始剤の低マイグレーション化が可能です。
  • 硬度アップ
    • アクリル二重結合転換率が上昇するため、鉛筆硬度がランクアップします。
    • 架橋密度が上昇するため、材料を変更することなく、プロセスで硬化塗膜の強度がアップします。
  • 柔軟性アップ
    • ラックの発生を抑制し、柔軟性に優れたフィルム加工が可能です。フィルムの曲げ加工性が向上します。
    • 短時間の加熱により、硬化収縮応力の緩和が加速するため、カール現象が低減します。

ハイブリッドキュアシステムはなぜプラスの価値を創れるのでしょうか。

それは高照度UVランプを用いるからです。

高照度UVランプには次のような特長があります。

  • 高出力UV エネルギー
    マイクロ波の高いエネルギーと、優れたリフレクター性能により高いUVエネルギーを基材に集光します。
  • 高い出力安定性
    初期特性を長時間維持するため、経時変化によるUV照度とスペクトル分布の低下がありません。
  • 優れた発光挙動
    定常光照射によって、均一な架橋構造を持つ硬化膜の形成が可能です。
to top