出力50%オフにするには2つの方法があります

100%出力で動作している中波長カーボンヒーター

この写真は、100%出力で動作している中波長カーボンヒーターです。この場合、最大エネルギー波長2.0μmの中波長が放射されます。例えば、搬送速度を落とした時に加熱能力を下げたい場合、赤外線ヒーターの電力を、例えば50%まで下げるためには、2つのオプションがあります。

すべてのヒーターは50%の出力に下げられている様子

オプション1:電圧を下げて、ヒーター出力を50%する方法

この場合、ヒーターのフィラメント温度が下がり、輻射される波長は変わります。電圧制御は、正確にプロセス温度コントロール必要がある場合に使用されます。

ツインチューブヒーターの片側のフィラメントがオフになっている様子

オプション2:ツインチューブヒーターの片側のフィラメントをオフにする方法

ツインチューブヒーターは2本のフィラメントを有し、片側だけを消すことが可能です。単純な制御で50%オフを実現します。点灯している側のフィラメントは同じ温度で運転し、波長2.0μmを変えずに出力50%となり、目的プロセスが波長変化の影響が大きい場合は、有効な手段となります。

どちらのオプションを選ぶべきでしょうか。

製品とプロセスを考えて最適な方法を選ぶ必要があります。波長が重要な要素である場合は、オプション2が適し、製品温度が重要な場合は、オプション1の方が優位だと思われます。どちらを選択するかについては、当社のアプリケーションスペシャリストにお問い合わせください。

to top