再生可能エネルギーは統合されスマートになるでしょう。

大規模なグリッドは、エネルギーコストの50%を占めています。

エネルギーはスマートになるでしょう。スマートエネルギーグリッドには貯蔵が必要不可欠です。

Mircogrids

すべてのエネルギーコストの50%は大規模なグリッドによって発生します。

標準化されたシステムと統合されたデザインに基づくマイクグリッドは、都市部でより積極的に発展し、全体的なエネルギー輸送コストを削減するでしょう。あらゆるアプリケーションに対応するビッグデータの電子ソリューションは、エネルギーをスマートにします。

スマートエネルギーの生成:

  • ビッグデータソリューションによって、家庭や工場でエネルギー消費量を正確に予測できるようになるでしょう。

スマートな供給方法:

  • モノのインターネットはエネルギー市場を完全に変えるでしょう。需要から供給を決め、供給から需要を予測できるようになります。

スマートな消費方法:

  • 売買とスマートな電気の使用は、私的であれ産業であれ、誰でも、その場その場で自動化されたものになるでしょう。

スマートな分配方法:

  • エネルギーを売買するためには、短期および長期的に柔軟な貯蔵容量を持つ最適化された効率的なエネルギーの貯蔵インフラストラクチャが必要です。都市部は都市のマイクログリッドを形成します。
  • 電気自動車は、すぐに利用できるエネルギーを大量に貯蔵するクラウドになるでしょう。

明日のグリッドには、より多くの貯蔵容量、柔軟性、よりダイナミックな反応時間が必要になります。

  • 大規模な再生可能エネルギーの生産により余剰設備が生じます。
  • 再生可能エネルギーの変動を数秒から数ヶ月橋渡しするために貯蔵が必要になります。
  • モビリティ&交通は化石燃料の代替が必要になります。
  • スマートグリッドには、柔軟で耐久性のある貯蔵ソリューションが必要です。

ビジョン:電気自動車の貯蔵クラウド

この貯蔵可能性を利用するために、電池にはかなり高い数の充放電サイクルに対する耐久性が求められます。

例:

2020年には、上海に250万台の自家用車があると予想されています。それぞれの車に40KWhのバッテリーが搭載される場合、上海にある車は100ギガワットの貯蔵クラウドを提供することになります。

この貯蔵の可能性を利用するためには、電池は著しく高い充放電サイクルに耐えられなければなりません。

to top