持続的成長への貢献

再生可能エネルギーへの転換は、世界をより良くしたいという気持ちでだけでは不十分です。再生可能エネルギーシステム分野におけるヘレウスの活動は、ダイレクトにコスト効率に貢献します。今後5年以内に再生可能エネルギーシステムが均等化発電原価を削減できる割合は50%で、そのうち、1/3がヘレウスの技術で可能になります。

LCOE-Reduction of Renewable System

変換効率への要望の増加に、完璧にマッチするソリューション

新しい技術により、太陽光発電は日々の生活を活性化させる建築やモジュールデザインとなり、その使用方法は変化し、変換効率を高めます。

+20% Cost Efficiency within the next 5 years with Heraeus Photovoltaics solutions

街中ではソーラーパネルは目に見えなくなるでしょう。

  • 高変換効率の薄膜太陽電池は、屋根材と一体になるでしょう。
  • 透明有機・無機薄膜太陽電池は窓ガラスにコートされます。
  • 外壁はさまざまに色の薄膜太陽電池で覆われます。従来型の太陽電池パネルは建築材と一体となり、太陽電池パネルとは分からなくなります。

結晶シリコン型太陽電池は引き続き太陽電池の大部分を占めます。

  • 短期的にはPERCによる変換効率向上
  • 中期的な変換効率向上において、裏面接合ヘテロ接合やタンデム接合太陽電池

コンポーネントの信頼性向上は、保守コスト削減と年間発電量拡大の両面で、風力発電所の原価効率に対して効果があります。

洋上風力発電においては、運用コストの70%をメンテナンス費用が占めています。

1% Cost Efficiency within the next 5 years

熱機械ストレスによる電子部品の故障が、停止時間やメンテナンス費用の主な原因となっています。

ヘレウスの技術はエネルギーコストの低減に貢献いたします。

  • 高い信頼性とメンテナンス性により、停止時間を短くします。その結果として、年間発電量は増加し、運用コストが低減します。

ヘレウスの技術によって、メンテナンス費用の低減、年間発電量を増加が可能になります。

ヘレウスのダイトップ・システムは、インバータ内に用いられる電子部品実装システムで、銅ワイヤと銀焼結ダイアタッチとの組合せにより、熱ストレスを低減してモジュール寿命を増加させます。この新しいシステムは、銅ワイヤ焼結技術の併用によって可能になっています。それにより、ダイコネクションの電気的、熱的、信頼性の特性を向上させ、モジュール全体の特性を引き上げています。

  • モジュール寿命が最大20倍に向上
  • より高い温度抵抗によって、例えば200℃の接合温度が可能

ヘレウスの白金測温抵抗体センサは風力発電タービンの設備稼働率を高め、安全性を高めます。

メンテナンスフリーなスリップリングコンタクトは、ローターブレード調整のための高速データ通信を可能にし、さらなるコスト削減をもたらします。

PEM電気分解用高活性触媒

余剰再生可能エネルギーを用いたPEM電気分解による水素製造は、クリーンモビリティや手頃な価格のエネルギー貯蔵を実現する重要な要素です。

10% Cost Efficiency within the next 5 years

今日では、すべの水素製造のうち95%が、石化資源が使われています。再生可能エネルギーは唯一のクリーンなエネルギー生成方法なのです。

しかし、クリーンな水素を優位性のあるものにするためには、高分子電解質膜(PEM)による水素生成効率を向上しなければなりません。Ptベースのカソード材料における水素発生の効率は、酸素発生反応 (OER) が全体的なパフォーマンスを制限しているため、アノード触媒材料に強く依存しています。

ヘレウスはシステムの効率性を向上させる先進のアノード触媒を提供し、コスト低減に貢献しています。

  • 電力変換効率を20%向上します
  • 貴金属含有量を10倍削減します
  • 製造コストをH2 1Kgあたり50%以上低減します

新しいエネルギーコンセプトには最新の貯蔵ソリューションが必要です。

リチウムイオン電池や超大容量キャパシターは順調な成長が見込まれていますが、忘れてはならないのが鉛蓄電池ではないでしょうか。クリーンモビリティにとって最新の鉛蓄電池の技術革新は今後20年にわたり大きな影響をもたらすものと思われます。

電池のイオン輸送を強化するPorocarb®(ポロカーボ)

20% Cost Efficiency within the next 5 years

将来のエネルギー動向を見渡すと、再生エネルギーの貯蔵とグリッドパリティーのバランスがキーポイントになるでしょう。

  • 電池コストは毎年20%減少し、2020年までに150ドルになるでしょう。
  • 個々の建物に採用される電池は、エネルギー生成とともに必要不可欠なものになるでしょう。
  • 車は大量の電気貯蔵クラウドになるでしょう。

E-Mobilityは電池技術を牽引する重要な分野と言えます。

エネルギー貯蔵に優れる二次電池や超大容量キャパシターがその成功の鍵をにぎることになるでしょう。

へレウスのPorocarb®(ポロカーボ)は、最新のリチウム電池のみならず鉛蓄電池のさらなる性能向上に寄与できる技術と確信しております。

  • リチウムイオン電池のエネルギー密度を20%増大
  • 速度能力を最大50%増大
  • 充放電サイクルを増加
  • 妥協のない安全性

再生可能エネルギー - スマートな仕事への動力

再生可能エネルギーは、新しく、高価値でクリーンな仕事を生み出すでしょう。

スマートな仕事への動力

大学のカリキュラム

  • 再生可能エネルギーの統合は、建築、建設エンジニアリング、および設計には欠かせない要素になります。

建築家は再考する

  • 一般的に建築家は、建造物を設計する際に発電所を建設するでしょう。発電ファサードのみが利用可能となるでしょう。

新しい質の高い仕事が発展するでしょう

  • 例えばファサードの建築者、屋根の職人、電気技師の統合や職人のために新たな仕事が生じるでしょう。
to top