ヘレウス・アムロイの
アモルファス合金製品

高強度、高弾性、耐食性、生体適合性などのユニークな材料特性を持つ
アモルファス合金は、バルク金属ガラスやアモルファス金属とも呼ばれ、
技術者に全く新しい可能性をもたらしています。
私たちのポートフォリオには、ジルコニウムをベースとした
アモルファス合金があります。
また、現在、チタンをベースにした合金も研究しています。

製品一覧

アモルファス合金は、優れた耐食性や耐摩耗性により、製品の長寿命化を実現します。また、高強度であるため、小型化にも重要な役割を果たします。また、等方性にも優れているため、仕様や製品設計の簡素化も可能です。

ヘレウス・アムロイでは、アモルファス合金を射出成形や3Dプリンターで加工し、ニアネットシェイプの部品を工業規模で製造しています。

お客様の持続可能な改善と、これまで解決できなかった課題の解決に向けて、一緒に取り組んでいきましょう。

AMLOY-ZR01:3Dプリンティングに最適なアモルファス合金

ジルコニウム系合金AMLOY-ZR01は、レーザー溶融法を用いた3Dプリンティングでの加工に理想的な合金です。複雑な形状や大きな部品寸法は、等方性の材料挙動によって実現されます。この材料は、アムロイ合金の中でも延性が高いことが特徴です。アモルファス合金の積層造形は、個々の部品だけでなく、特殊な特性を持つ特定の表面構造を製造するために使用することができます。

AMLOY-ZR01のデータシート

AMLOY-ZR02:万能な材料のアモルファス合金

ジルコニウム系合金AMLOY-ZR02は、万能な材料です。積層造形(アディティブマニュファクチャリング)でも射出成形でも、ニアネットシェイププロセス技術により、厳しい公差と高い表面品質で部品を製造することができます。この合金は多目的に使用できるため、3Dプリンティングでは小~中型の部品を、射出成形では効率的な自動化により大型の部品を製造することが可能です。

AMLOY-ZR02のデータシート

AMLOY-ZR03:射出成形に最適なアモルファス合金

ジルコニウム系合金AMLOY-ZR03は、非常に優れたガラス形成能と液体状態での良好な粘性により、射出成形用途に理想的な合金です。ヘレウス・アムロイは、高い専門性と技術的なノウハウにより、この合金を使用した部品を、社内の設備で大量かつ厳しい公差内で生産することが可能です。

AMLOY-ZR03のデータシート

各材料の比較表

ジルコニウム系 ジルコニウム系 ジルコニウム系
製品番号 AMLOY-ZR01 AMLOY-ZR02 AMLOY-ZR03
密度 (g/cm3) 6.68 6.65 6.65
液相温度 (°C) 920 830 840
固相線温度 (°C) 870 781 815
ガラス転移点 Tg (°C) 400 403 400
結晶化温度 Tx (°C) 475 469 498
結晶化エンタルピー ∆H (J/g) -47 -47 -60
ヤング率 (GPa) 87 89 85
ポアソン比 0.35 0.37 0.37
曲げ降伏強度 (GPa) 2.3 2 2.2
引張降伏強度 (GPa) 1.6 1.7 1.6
圧縮降伏強度 (GPa) 1.7 1.6 1.6
ビッカース硬度 (HV5) 480 540 500
データシート AMLOY-ZR01 AMLOY-ZR02 AMLOY-ZR03

さらに、現在、チタンをベースにした合金の研究も行っています。

アモルファス合金に関する
お問い合わせ