エアロゾルデポジション法
(AD法)とは

エアロゾルデポジション法(AD法)のユニークな利点について

コンテンツ

エアロゾルデポジション法(AD法)とは?

エアロゾルデポジション法は、室温衝撃固化のメカニズムに基づく新しいコーティング方法です。エアロゾルデポジション法の特徴と利点は、あらゆる種類の材料(セラミックと金属)をあらゆる種類の基材(金属、ガラス、セラミック、プラスチック)に室温かつ低真空でコーティングできることにあります。

エアロゾルデポジション法のプロセスとは

エアロゾルデポジションのプロセス

コーティング材料のミクロンサイズの粒子がキャリアガスによってコーティングチャンバーに運ばれます。そこで粒子は毎秒数百メートルまで加速され、コーティング面に噴霧されます。高い運動エネルギーにより粒子は破砕し、層を形成します。

エアロゾルデポジション法で形成される層の厚さ、1~70 μmの範囲です。

 エアロゾルデポジション法に関する詳細資料のダウンロードをご希望の方はこちらからお申し込みください。

一部のCookieのみを有効にされた場合は、コンテンツによってサービスが正しく機能しない場合がございますので、予めご了承ください。すべての機能をご活用いただく場合は、すべてのCookieを有効にしてください。Cookieの設定は、ブラウザの設定画面で変更できます。

You can change your preferences in the Cookieの設定.

エアロゾルデポジション法によるコーティングの特性とは?

層自体が非常に高密度で緻密であるため、化学的および機械的な摩耗に対して高い耐性を示します。そのため、耐摩耗性、耐腐食性の必要な保護仕上げに適しています。さらに、エアロゾルデポジション法による膜は、非常に優れた密着性を示すため、従来は難しかった耐久性のある材料の組み合わせが可能になります。通常、電気絶縁性などの膜の特性は、材料の特性に近いものになります。

他のコーティング技術との違い

エアロゾルデポジションは、他のあらゆるコーティング技術と比較して、低い温度での塗布が可能です。耐熱性のない材料や基材に最適であり、コーティングと基材のまったく新しい組み合わせを可能にします。

エアロゾルデポジション CVD/PVD 溶射 コールドスプレー
材料の選択 金属、セラミック、複合材 金属、セラミック、複合材 金属、セラミック、複合材 金属、サーメット
デポジションレート 高い 低い 高い 非常に高い
温度 低温/室温 中~高温 高温 中温(~300℃)
真空 低真空 超高真空 大気圧 大気圧
スケールアップ 中型部品 難易度の高い大型部品 大型部品 大型部品
厚さ 1~70 µm ~1 µm > 50 µm > 50 µm
付着性 非常に良い 悪い 良い 良い
密度 超高密度 超高密度 多孔性 多孔性
適合性 良い 非常に良い 悪い 悪い
ニアネットシェイプコーティング 対応 CVD: 制限あり(高温)
PVD: 非対応
制限あり(超高温) 制限あり(高温)
コスト(TCO) 中~低