最新ニュースと資料

コンテンツ

ニュース

エアロゾルデポジションによりフリクションシムの適用温度が2倍に

エアロゾルデポジションによりフリクションシムの適用温度が2倍に

2022年8月9日、ドイツ・ハーナウ
エアロゾルデポジション法を使用することで、セラミックコーティングを経済的に作り出すことができます。これにより初めて、ニッケル・リンを含まないフリクションシムの適用温度を700℃まで高めることが可能になりました。

 エアロゾルデポジション法でコーティングしたフリクションシムとは

ヘレウスのエアロゾルデポジションにより防腐コーティングの開発が加速

ヘレウスのエアロゾルデポジションにより防腐コーティングの開発が加速

2022年3月8日、ドイツ・ハーナウ
EOS Biomaterials社は、医療市場向けのコーティング開発にヘレウスの研究開発設備を利用しています。同社の技術は外科用インプラントや創傷治療に使用することができます。

EOS Biomaterials社の会長であるリー氏は、「当社独自のエアロゾルデポジション装置により、今後さらに短いサイクルで新材料や材料の新しい組み合わせをテストおよび最適化できるようになるでしょう」と述べています。

 エアロゾルデポジション法による医療用コーティングとは

ヘレウスの新しいコーティングは高温合金の耐用年数を最大8倍に延長可能

ヘレウスの新しいコーティングは高温合金の耐用年数を最大8倍に延長可能

2021年9月21日、ドイツ・ハーナウ
ヘレウスの特許取得済みコーティングプロセスは、炉や化学プラント用の高温合金の耐用年数を延ばします。

ヘレウス・ハイパフォーマンスコーティングスの責任者、イルカ・ラック博士は、「私たちの研究結果は非常に有望です。このコーティングは、あらゆる微細構造の変化、ボイドや析出を防止します。その結果、合金の腐食が大幅に抑制され、耐用年数は最大で8倍にもなります。」と述べています。

 高温ニッケル合金用保護コーティングについて

ヘレウス、エアロゾルデポジション法によるコーティングの適用範囲を拡大

エアロゾルデポジションプロセスにおけるノズルのクローズアップ

2021年6月22日、ドイツ・ハーナウ
エアロゾルデポジション法では、使用するコーティング材料や基材に制限がありません。私たちの専門技術者は過去2年間にわたり、産業規模での生産に向けたプロセスと機械の最適化に集中的に取り組んできました。その結果、私たちは実現可能性調査から量産に至るまでのすべての段階でお客様にサポートを提供できる唯一のサプライヤーとなりました。

 エアロゾルデポジション法の産業用途について

ケーススタディ

エアロゾルデポジション法が高温センサーの精度と性能の安定性を向上

高温センサーは性能確保のために保護層でコーティングされています。エアロゾルデポジション法を用いてα-Al2O3でコーティングすることにより、長期安定性が向上し、センサーの寿命にわたり測定精度が向上します。

 高温センサーの保護コーティングに関するケーススタディのお申し込みはこちら

高温ニッケル合金の大幅な寿命延長

高温用特殊ニッケル合金であっても、腐食しやすさは変わらず、寿命は限られています。これらの合金にエアロゾルデポジション法でα-Al2O3 をコーティングすることにより、システム部品の寿命を3~8倍に延ばし、フレーキングを大幅に減少させることができます。

 ケーススタディ「高温ニッケル合金の大幅な寿命延長」のお申し込みはこちら

データシート

研究開発エアロゾルデポジションチャンバーのテクニカルデータシート

研究開発エアロゾルデポジションチャンバー

研究開発エアロゾルコーティングチャンバーは、現在2種類の構成で提供しています。個々の要件と生産設備についてはご相談ください。

 研究開発エアロゾルデポジションチャンバーのテクニカルデータシートのお申し込みはこちら

展示会・イベント

革新的な新しい材料とその可能性を理解することは必ずしも容易ではありません。それに伴い、国際的なレベルでの情報や交流の必要性が高まっています。

是非ご来場またはご参加ください。