温度センサー

迅速、正確かつ信頼性の高い溶融金属の温度測定は、鋳鉄プロセスにおけるコストパフォーマンスの高い温度制御にとって不可欠な手段です。Heraeus Electro-Niteの提供する高機能な消耗型温度センサーは、すべての生産工程に対応するために、多様な熱電対のタイプ、プローブの長さ、および浸漬ランスの種類を揃えております。これらに加え、鋳鉄用には複数回測定可能で作業者をスプラッシュから保護するノンスプラッシュ型プローブも提供可能です。

鋳鉄プロセスでは、温度の連続測定も一般的になっております。多くのプロセスでは、Contitherm(あるいはContitherm Lite)センサーがタンディシュストッパー近傍に設置されます。

センサー:

a) 消耗型>>Positherm、BTE、 (Positherm ノンスプラッシュ)

b) 複数回測定型>>XT、MultiTip、MultiStik、Maxi-Stik、ENTHERM、NSL、IF

c) 連続測温型>>Contitherm、ContithermLite

to top