酸素活量センサー

全製鋼プロセスでの酸素活量のモニタリングが、生産管理および鋳片品質管理にとって不可欠です。Heraeus Electro-Nite の消耗型酸素センサーは、溶融金属内の酸素活量を10秒以内で迅速に測定します。酸素活量の測定レンジは広く、溶銑脱硫、転炉、取鍋精錬、および連続鋳造までの酸素領域をカバーできます。酸素活量と溶銑中のSおよびSiとの相関式、一次精練、二次精錬中の酸素活量とCやAlとの相関式を計器中に組み込むことにより、推定値を表示することができます。また、手動ホルダーおよび自動投入機と計器間の信号ケーブルを必要としない無線仕様のシステムも選択可能です。

センサー: Celox、Celox Hot Metal、HY-OP、ZIRCOMEX

Instruments Celox-Lab® E, iM² Sensor Lab®

to top