原子蛍光分析法

原子蛍光分光法は、金属などの原子の定性および定量分析に用いられています。

原子に固有の吸収線波長の光を照射したときに、吸収された光は再び蛍光として放射される現象を利用して元素の定量を行う分析法です。

原子蛍光分析法に用いられるランプ