乾燥に時間がかかっていますか。炉長が長すぎますか。赤外線ブースターが役立つかもしれません!

赤外線ブース-ターは製品を適切な温度に急速に上げることができます。既存の乾燥炉の前に取り付けることで、乾燥時間を最大半分にまで短縮し、製品品質の向上に役立っています。

UVの力でUV硬化ソリューションを創る

ヘレウスはUV硬化装置とそのプロセス技術の専門家として、常に新たなUV硬化技術の応用にチャレンジしています。

自動繊維積層装置(AFP)向け自動制御加熱ソリューション「humm3®」

humm3® はヘレウスの画期的技術で、自動繊維積層装置の加熱プロセスを変えるものです。3つのパラメータをプログラムでき、レイアップ熱硬化型樹脂、ドライファイバー、熱可塑性樹脂に最適です。

光 - その無限の可能性

光は目に見える以上にその可能性を秘めています。紫外線から赤外線までの電磁放射線は液体分析、エナメルのUV硬化、プラスチック容器の接着、プリンテッドエレクトロニクスのインキの焼結など、技術的なアプリケーションで用いられています。

ヘレウスの工業・分析プロセス向け
紫外線(UV)・赤外線(IR)テクノロジー

お客様が抱えている課題を解決すること、それは私たちにとって最も重要なことです。既存のプロセスを最適化したい、新しいアプリケーションを探したいという場合にも、無限の可能性を持つ光がお客様に長期にわたり競争上の優位性をもたらします。真空紫外から赤外線までの波長領域を網羅する私たちの光ソリューションによって、お客様の産業、科学、医療アプリケーションにおける経済効率やプロセスの信頼性を向上します。

無限の可能性を持つ光について詳しくご覧ください。

ニュース

2021年6月11日(金)に、株式会社加工技術研究会ご主催のコンバーティングウェビナーWeekで講演します。

『UV硬化反応の高効率化への取り組み』と題し、、UV硬化反応の原理や、UV硬化反応で高効率化を図る方法をご説明します。

2021年6月9日(水)に、株式会社加工技術研究会ご主催のコンバーティングウェビナーWeekで講演しまた。

『コンバーティングでの赤外線の応用』と題し、赤外線の特長を加熱や乾燥プロセスに生かす方法、赤外線ヒーターの選定方法をご説明しました。

virtual.drupaにオンライン出展しました

2021年4月20日(火)~23日(金)にオンラインで開催されるvirtual.drupaに出展しました。

『UV硬化プロセス上で直面する色々な課題とその解決策』の連載配信中

私たちは、お客さまにご活用いただけるようなUV硬化ニュースをメールで配信しています。現在の連載では、日ごろUVプロセスにおいてよく見られる問題をテーマにしています。