フラッシュクロマトグラフィー

フラッシュクロマトグラフィー

フラッシュクロマトグラフィーは様々な液状物質の精製または単離に使用される化学分離プロセスです。混合物を低圧下でカラムを通過させます。これにより、分離カラムで様々な成分吸着強度が発生し、混合物の分離が起こります。

成分の識別のためにUV/VISランプが使用可能です。これらのランプはUV-VIS検出器に統合されています。各物質は特定の吸着特性を示します。物質が分離カラムを通過した後、検出器が様々な物体の吸着特性を記録します。これにより、様々な成分を明確に識別し、互いに分離することができます。

この分析的分離プロセスは特に工業や生物学分野で頻繁に使用されています(例えば、アミノ酸の分離などのために)。

to top